ARINKO LOG

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【野菜の保存】トマトの栄養と保存方法

がん予防、動脈硬化予防に「トマト」

トマト

トマトの栄養と旬

トマトの旬は夏〜秋、6月〜9月頃です。トマトにはリコピンという抗酸化作用の強い成分が豊富に含まれていて、血糖値を下げることから動脈硬化予防や肺ガン、前立腺ガン、卵巣ガンなどの予防にとても効果的です。さらにビタミンCも豊富で、美肌効果も期待できます。

 

ビタミンC
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
ビタミンE
  • 生活習慣病を予防する
  • 老化を防止する
カリウム
  • 体内の恒常性を保つ
  • 血圧を下げるはたらきをする

 

トマトに含まれるリコピンは脂溶性なので、サラダに入れてドレッシングと一緒に食べるなど油と組み合わせるのがおすすめです。トマトにもいろいろな種類があり、大まかにピンク系、赤系、緑系に分類されます。日本で一般的に食べられているのはピンク系のトマトで、緑系はあまり見かけませんがサラダや炒め物など、赤系はジュースなどの加工品に用いられることが多いです。ちなみにリコピンが多く含まれているのはこのうち赤系のトマトです。トマトを買うときには、赤みが濃くて表面にツヤがあるものを選んでください。またヘタの部分は濃い緑色をしているもの、トマトのお尻部分に白いスジが広がっているものがよりおいしいです。

トマトの保存方法

常温保存

 

トマトの旬は夏〜秋とかなり暑さが厳しい時期ですが、この暑い時期には常温保存はおすすめしません。それ以外の時期は常温保存ができます。ひとつひとつを新聞紙で包み、ヘタを下向きにして冷暗所に置いてください。この状態で3〜4日ほどもちます。塾しているトマトは冷蔵保存をおすすめしますが、青いトマトはこの方法で常温保存すると追熟もできておいしくなります。

ドライトマトという言葉はときどき聞くかもしれません。少し手間はかかりますが、乾燥させてドライトマトにしておくと1ヶ月ほどもつので、試す価値はかなりあります。トマトを皮ごと輪切りにして、種は取り除き水気をきっておきます。オーブンシートを敷いた天板に並べ、低温(140〜160℃)のオーブンで様子を見ながら1時間程度加熱してください。

 

冷蔵保存

トマトを買ってきたまんまの状態で冷蔵庫に入れると、新鮮なものであれば1週間ほどはもちます。が、ひとつひとつをキッチンペーパーで包みさらにラップでくるんだものを、ヘタを下向きにして野菜室(温度が低すぎない場所)に入れておけば2週間ほどもちます。

 

冷凍保存

煮物や汁物に使う場合には、冷凍保存してからでもOKです。トマトをまるごと冷凍する場合には、生のまま保存袋に入れヘタを下向きにして冷凍庫で保存します。またはあらかじめ小さくカットしたものを保存袋に入れて冷凍することもできます。この状態で1ヶ月ほどもちます。

 

ドライトマトを作るときには種を取り除きますが、種の周りには旨味成分、グルタミン酸が豊富に含まれているので必ず捨てずに食べてください。ドライトマトは水分が飛んだ分、生のトマトよりも濃厚で香りも良くなっているので、そのまんまスナック感覚で食べるととてもおいしいです。また、このドライトマトとおろしニンニク、塩、唐辛子、オリーブオイルをまとめて瓶詰めにしておくと、パスタソースなdにそのまんま使うこともできて便利です。丸ごと冷凍したトマトは、自然解凍または電子レンジで解凍しますが、このとき皮がスルッとむけて気持ちがいいです。丸ごと冷凍、カットして冷凍、どちらも煮込み料理やスープにぴったりです。

 

トマトをつかった簡単保存食レシピ

チキンカレー

【冷凍保存食】市販のルー不使用で簡単「本格チキンカレー」