ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

天井のペンキ塗りで全身まっ白け

リフォーム+DIY

天井塗装でDIYデビュー

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

シェアハウス

シェアハウス

高松市内の小さなシェアハウス、ありんこハウスのオープンに向けてリノベーション工事まっ最中。なかなかのボロ家だったからか、物件自体が安すぎたのか、とにかく物件の価格の10倍以上の工事費用がかかることになってます。デザイン料込みのリノベーション工事の中ではこれでもかなりお安いほうだそうだけど、なんせ貧乏なので、できるところは自分でやろうということで、とりあえず天井塗装は自分ですることになりました。貧乏なだけじゃなく、DIYの勉強もしたいのでね。

前回の記事はこちら→ほねほねの家とはじめての天井塗装

 

養生に苦労・・・天井の下塗り

DIY女子をめざし、とりあえず行動!やったことのなかった塗装にチャレンジ。1週間前には、シーラーというボンドの薄め液のようなもので、天井の下塗りをしました。

 

まずは天井と壁の境目のラインにそって、丁寧にマスキングテープを貼っていき、その上からマスカーと呼ばれる、養生テープとゴミ袋を広げたようなものを組み合わせたような道具(笑)を、どんどん貼っていき部屋中を養生します。それが終わってからやっと、シーラーをぬりぬり。

 

マスキングテープは、業務用にこんなセットとして売っています。

 

マスカーはこんなもの。幅の細い養生テープと静電気で壁などに張り付くビニールシートが一体化した、養生に便利な道具。

シーラーはほぼ液体なので、ローラーやハケで塗っている間にどんどん、上から雨のような要領で降ってきます。あっという間に体じゅうがボンド。

 

IMG_1002

今回使ったシーラー。工務店さんが使っている、業務用のものを使わせていただきました。

 

IMG_1003

水性タイプの塗料で、においはきつくはありません。

 

IMG_1255

こちらは2階の部屋。シーラーを下塗りして1日乾かしたあとの図です。

 

IMG_1249

ろうか。まだまだ古屋の雰囲気のまんま、暗いイメージです。まあ電気も付いてないしな。暗くなると、塗装などの作業ができません・・・。

明るいうちにせっせと働いて、暗くなってきたらさっさと仕事を切り上げて帰る、これこそ人間本来の生活スタイルな気もするなあ。

 

いよいよペンキ塗り

1週間前にシーラーの下塗りをほぼ終えていたので、あとは白いペンキを2度塗りするだけ!のはずでしたが。。天井を塗り始めるのが遅かったからか、もうすでに壁を塗ってくれる左官やさんが入ってくれていました。ということで、壁をいじるときにジャマなマスカーは一旦全て撤去。

本来は天井が終わってから壁、床の順で工事を進めていけば汚れが最小限になりますが、もうすでに壁工事が始まっていたので、天井と壁と同時進行。ということで、ふたたびマスカーで養生をしてからのペンキ塗りでした。塗るよりも養生に時間と体力がいるのです。

 

IMG_0999

天井にはこちらの白い塗料を使いました。壁も漆喰で白なので、イメージ的には、白い壁や天井にこげ茶色の木の柱があるかんじ。床は無垢のフローリングですが、オイルステインか何かで色をつけようかなあ。

 

IMG_1001

業務用の白ペンキ。においがきついということは全くなく、マスクをしなくても塗装作業ができるくらい。ちなみにつや消しの白はホームセンターなどにはあんまり置いていないそう。テカテカの塗料はたくさんあるけど。

お風呂場の壁などに使う塗料の中にはつや消しのものがあるそうですが、お風呂場に合うような地味な色(青系、うす緑系など?)だけしか置いていないようです。好きな色でつや消しの塗料がほしいときには、業者さんに直接注文した方が良いとのことです。

 

マスカーをふたたび貼るのは時間がかかるしめんどくさいので・・・貼らなくても良くね?という甘い考えがよぎり、養生をしない状態で一回さらっと、ローラーで塗ってみました。

IMG_1281

養生をしないで塗ってみると、木の柱がもうベットリと、まっ白になりました・・・残念。ということで観念して、ふたたび丁寧に養生することに。まっ白になっちゃった柱はあとで、サンダーでこすっておけばキレイになるかな。。

養生しててもこれくらい、ベットリとペンキがついてしまいました。養生しないで塗るとかいう甘い考えはバカでした。途中でマスカーを使い切ってしまったので、ふつうの緑色の養生テープとゴミ袋を使って代用。テープの緑とビニールの半透明、色はまったく同じです!満足。

 

IMG_1278

茶色くて暗いイメージだったろうかの天井がまっ白に。

 

IMG_1273

ローラーで塗っただけではやっぱり角や隅のほうには塗り残しができてしまいます。細かいところはハケで、脚立に乗っかって丁寧に、一か所ずつ細かく塗っていきます。

 

IMG_1276

今回もステキな仲間がきてくれました!木目にそって、同じ方向に塗っていきます。この塗料は薄めずに原液のままの状態でぬりぬり。シーラーと比べるとだいぶ粘りが強く、雨のようにザーザー垂れてくるということもありませんが、それなりにボタボタ落ちてきて服や頭にペンキが付きます。上を見ながら真上を塗れば顔にもヒット!目に入らないようにだけは気をつけないといけません。髪の毛につくとぜんっぜん取れないらしい・・・みんな、帽子があってよかった。

 

IMG_1271

部屋の天井もしっかりと塗ります。木の板と板の間の溝も、面倒ですがハケでゴシゴシ。

 

IMG_1279

部屋の天井、シーラーで下塗り+白塗料で1度塗りしたあとの図。素人なのでムラだらけですがこれもまた手作り感があっていい!

 

IMG_1282

1度塗りだけだとやっぱり、塗り足りない感はあります。右が、1度塗りして1日置いたときの天井。アクが浮き出てきてしまってます。左は、その上から2度目のペンキ塗りをした天井。

2度塗りをしてもきっと、1日置けばまたアクが出てきてしまうとは思いますが、とりあえず1度塗りと2度塗りでは違いが一目瞭然。

 

IMG_1284

2度塗りまで完了した部屋です。

このあとまた、左官やさんが入るということで、壁工事のジャマになるマスカーは全てはがしました。ただ、その内側の天井と壁の境目に貼ったマスキングテープはまだ残してあります。塗装を終えてすぐ、マスカーをはがすのには全く問題ないですが、その内側のマスキングテープまではがしてしまうと、同時にせっかく塗ったペンキまでつられてはがれてしまうので気をつける必要があります。(一部はがして失敗済み)

まだまだ天井塗装はおわりません!次回また養生からがんばってやらないと。3月で今住んでいる家の賃貸契約が切れるので、もうそろそろこの家が住める状態にはなっていないといけないのですが・・・もうちょいかかるかな・・・。一緒に塗装などなどしてくれる人、募集してます!

肩凝るし体じゅうペンキだらけになるけど、それがまた貴重な経験なので楽しい^^