ARINKO LOG

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

シェアハウスの冬支度

寒い冬がやってくる・・・

シェアハウス衣替え

高松市内にある小さな女性限定シェアハウス(ALINCO house)オーナーのアリンコです。

嫌がらせのように休日ばっかり選んで来て、雨を大量に降らせた台風も過ぎ去り、もうそろそろ冬がやってきます。寒いのが大嫌いなオーナー、憂鬱でしょうがない。

冬は寒いもんだから仕方ないですが、なんとかして冬を乗り越えようと、今シェアハウスも衣替え真っ盛り。寒いのは本当に嫌で嫌で・・・でも、冬ってイベントごとが多いですね。クリスマスに新年、節分にバレンタインなどなど。なんか、これでもかってくらい行事って冬にまとまってるような・・・寒さを紛らわすための、昔の人の作戦なんでしょうか。

 

冬の小さなサービス

ALINCO houseの共有スペースろうか、漆喰塗り(もとは土壁)の真っ白な壁面に、いろんな掲示をしてます。

シェアハウス近隣にある、おすすめのカフェや飲食店など。バラバラに貼ってるようにも見えますが、じつは地図にもなってるのです。どのあたりに何のお店があるか、一目瞭然。・・・っていうほどでもないんですが、だいたいの位置関係は合ってるはず。

この雑な地図、シェアハウスのなかまたちからの口コミで作られてます。

それからおすすめのお店のショップカードの他に、シェアハウスなかまの予定書き込みカレンダーも。日帰り以外のお出かけ情報を書き込むようにしてます。「この日、いないからよろしく!」っていう伝言にもなるし、どこに旅行いくの〜?みたいな話もできるし、もし万が一、誰かに何かがあったときに、シェアハウスのなかまの行動を知ってた方が、安全面でも役立つんじゃないかと思ってます。

 

この場所、みんながよく通る場所なので、いろんな伝言を書いておくにも便利。

最近寒くなってきたので、この場所に小さなサービス券を置いてみました。

 

シェアハウス近隣にある、温泉のチケット。

シェアハウス(ALINCO house)のシャワールームには、湯船がありません。まあ掃除が大変になるし、お湯をためるかためないか、みたいな問題も発生しそうなのでいいんですが・・・それでもやっぱり寒くなってくると、湯船に入りたくなります。

まず近くに温泉があることに感謝。みんなが自由に使える温泉があって、そして自分もしょっちゅう使いたいので、チケットをフリーにしてひょいっと行けるように。一石二鳥なんじゃないかなーと。

なにげにここ、あずま温泉は、地域の小さな銭湯というイメージのわりに、サウナや泡風呂、電気風呂などもあるのです。しかも夜12時くらいと遅くまでやってるので、すごくありがたい。

 

ふわふわリビング

シェアハウス(ALINCO house)の共有スペース、キッチンとローテーブルがある部屋。

無垢材のフローリングが気持ちいいので、夏場はこんな感じでむき出しに。そこに、落ち着きのあるグリーンの低反発座布団を置いて使ってました。

ちなみにローテーブルは、もともとはもっと大きなこたつ机。こたつ→こたつのプチDIYをして、こんな感じに模様替えしました。

 

しかしもうすぐ冬。共有スペースも、衣替えシーズンです。

 

ふわふわのグリーンのラグマットを敷いてみました。

サイズがびみょうに合っていないのと、共有スペース入り口のドアが中途半端にしか開かなくなったのがハプニング。

ただ、冬はそんなにドア全開にする機会というのはないので、まあいっかということで、今はこんな状態。こたつもありますが、やっぱり下から逃げる熱というのは大きい。このラグマット、保温力がなかなかのもんなので、まだ今のところ、こたつなしでも座ってられます。

 

こたつ→こたつのプチDIYで作ったこたつ、なかなか良いかんじ。

ラグマット、なんだか芝生に座っているような感覚で居心地がいい気がします。

冬は寒いもんだけど、一人暮らしよりはなかまがいる方があったかい。自分以外の人が家の中にいるだけで、室温は上がるようですし。

 

 

最近の、ALINCO house

強制じゃないんですが、みんな、どこかへ出かけるとおみやげを持ってきてくれます。

よく、ご自由にお取りくださいのお菓子が置かれてます。

 

東京みやげで有名な、東京ばなな。季節限定で新しい味が出てたりして、おもしろい。

お菓子のほかにも、今日こんなもんもらったよーとか、こんなもん売ってたんだけどおいしいのかなーとか、みんなで新しいこと、めずらしいことをシェアできるときもあります。

 

こちらはALINCO house玄関。

飾り用のカボチャに、ハロウィン仕様の顔を描いてみました。なかなかの出来栄え。

シーズンによって、変えていくのもおもしろいかも。もうハロウィンは終わったので次はクリスマスかなー。

 

ひとりで住んでると、季節ごとのイベントってほとんど意識しなくなる。かといって、いちいち季節行事を意識するのも面倒。

でも、大掛かりなイベントとしてじゃなく、小さなシェアハウスのなかま内でシェアできるような、季節を感じられるちょっとしたものがあると、なんだかうれしい気がします。