ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

古民家リノベでシェアハウスづくり

リノベーションで小さなシェアハウスをつくる

こぢんまりとした自由度の高いシェア

シェアハウス

高松市内で立地条件が抜ばつぐんに良い、ある場所でのシェアハウスをオープンします。小さくてアットホームな、そして県外などから移住してきた人と地元の人たちとのつながりができる交流の場としても機能する空間ができたらいいなと願ってます。

シェアハウスと言っても入居は3人までの少人数、小さな一軒家でのそれぞれの入居者の独立した生活、プライベートを尊重したいという思いがあります。

 

リノベーション前のボロ部屋公開!

高松の小さなシェアハウス、オープンは2017年3月末くらいの予定。ちょっと興味を持ってくださった方のために、まだボロ家のままの状態でのそれぞれの部屋の写真を公開します。

 

シェハウス

入り口はボロボロ。ドアがちゃんと閉まらない・・・というより一度ちゃんと閉めてしまうと、いくら引っ張っても開かなくなります。

 

シェアハウス

玄関から入ってみると、おしゃれな感じのレンガ壁があります。下駄箱はちょうど3段になっているので、入居者3人で使えそう。瀬戸内は気候的にジメジメしていないからでしょうか。長年空き家だったにもかかわらず、床が湿気を吸いすぎてミシミシしたりといったことがありません。

 

シェアハウス

続いて、玄関から入ってすぐ右にある部屋。3部屋ある中で、一番ひどい状況でした。見ればわかりますが壁も畳もボロボロ。さらに一部は畳の下の床も剥がれて抜け落ちてしまっています。湿気や雨水のせいか、シロアリかはわかりません。

 

シェアハウス

これも1階の同じ部屋。

 

シェアハウス

ダイニングキッチン。小さくても居心地の良い雰囲気にしてきたい。キッチン台は狭すぎるので、これは新しいものに交換して、広くて機能的な料理しやすい台所をつくりたいです。

 

arinkolog-0014

和式トイレ。タイルが綺麗ですが、様式に変えないと。

 

arinkolog-0013

お風呂場。シェアハウスになるので、シャワールームに変更かな。

 

arinkolog-0007

2階への階段はちょっと急です。手すりくらいはつけないと、2階で寝ている人が朝寝ぼけて転がり落ちかねません。

 

シェアハウス

2階へあがり、ひとつめの部屋です。一人部屋でこれくらいの広さと採光があれば充分。年季の入った家具がいくつかありますが、はたして使えるものはあるんでしょうか。

 

シェアハウス

こちらも同じ部屋。畳は比較的きれいです。フローリングへ張り替えですが。

 

シェアハウス

続いて2階にあるもうひとつの部屋。こちらはなんだか、昔ながらの旅館の和室といったかんじの雰囲気。4.5畳とちょっと狭めなので、押入れを解体、リフォームしてベッドスペースをつくる予定です。

 

シェアハウス

こちらも同じ部屋。やたらと家具が残っています。使えるのかは別として。 これからリノベーション工事が開始!完成やシェア開始がとっても楽しみです。工事進捗情報もお楽しみに・・・