ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【野菜の保存】大根の栄養と保存方法

食材の栄養と保存

イソチオシアネートでがん予防「大根」

大根

大根の栄養と旬

大根の旬は11月〜3月頃。大根は葉の部分と根の部分で、多く含まれる栄養素が異なります。特に根に含まれる辛味成分、アリルイソチオシアネートでがんの予防や血栓予防ができます。また、生の状態で食べれば、消化促進や殺菌効果も期待できます。

ビタミンC(根<葉)
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
ビタミンA(葉)
  • 肌の健康を維持する
  • 細胞の生まれ変わりを助ける
  • 細菌から体を守る
カリウム(根<葉)
  • 体内の恒常性を保つ
  • 血圧を下げるはたらきをする
Βカロテン(葉)
  • 免疫を増強する
  • 心疾患、ガンのリスクを低減する
  • 老化を防止する
カルシウム(葉)
  • 骨をつくる
  • 体液や筋肉の組織になる

 

大根の葉の部分は緑黄色野菜に分類され、いろいろな種類の栄養素が含まれています。スーパーなどで売っている大根を買うときには、葉の緑色が濃いもの、根はヒゲが少なく白くて太いものを選ぶと良いです。

 

大根の保存方法

常温保存

買ってきた大根をそのまま常温で放置しておくと、だんだんシワシワになってきてしまいます。ただしもし畑などの場所が確保できる場合、根の部分のみ、冬場に限り2週間ほど保存可能です。茎の部分を1cmほど残して新聞紙に包み、土の中に立てておけば保存ができます。

ちなみに根の部分は、千切りなどの切り方をしてからザルに広げて2〜3日ほど置いておけば、水分が抜けて旨味や栄養成分が増えます。これは切り干し大根として使えますよ。葉の部分も干しておけば、ふりかけや炒め物に使うことができます。干して保存をすれば、1ヶ月ほどもちます。

 

冷蔵保存

まず葉と根を切り分けます。葉の部分は冷蔵庫に入れても3〜4日ほどしかもたないので、冷凍保存をおすすめします。冷蔵保存する場合にも、葉は小さめ煮切りさっとゆがくか、塩もみしておきます。根の部分は、ラップで2重に包み込み、水分が逃げないようにして冷蔵庫に入れておくと2週間ほどもちます。

 

冷凍保存

葉の部分は、固ゆでしてから粗みじん切りにするか、粗みじん切りにして塩もみします。それを小分けにしてラップに包み、さらにジップロックなどの保存袋に入れ冷凍庫で保存してください。根の部分は、いちょう切りなどの一口サイズに切り固ゆでするか、すりおろして水気を切ります。それからは葉と同様に、小分けにしてからラップに包み、さらに保存袋に入れて冷凍庫で保存します。葉の部分も根の部分も、冷凍保存をした場合には1ヶ月ほどもちます。

冷凍保存した場合には、急いでいるときは電子レンジで解凍をしてください。ただ根の部分は、すりおろして保存していた場合には自然解凍がおすすめです。固ゆでして保存していた場合には、煮物などに使うときに凍ったまま使うことができます。

 

大根をつかった簡単保存食レシピ

豚バラ大根

【冷凍保存食】冬に人気「煮込まない豚バラ大根