ARINKO LOG

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【nishipan】地元民でにぎわうプチプラパン屋、ニシパンさん

nishipan(ニシパン)

シェアハウス(ALINCO house)のまわり、自転車でパパッと行ける距離には、意外とたくさんのカフェやケーキ屋さん、パン屋さんなどなどおしゃれでおいしいお店がありました。

今回紹介するのは、地元の人たちに大人気のパン屋さん。

全面ガラス張り、入り口のガラスには文字がきざまれてます。

 

外観はこんなかんじ。建物の一角にある小さなパン屋さんです。

 

入り口のガラスにも開店、閉店時刻などが書かれていますが、いつからか開店時間をちょっと短縮したようで、10:00〜17:30オープン、という情報が正しいです。お店の定休日は週2日。パン屋さんにしては朝も遅いので、従業員の方々ははたらきやすそう。

それぞれのパンたちの焼き上がり時刻の目安も書かれてるので、焼き立てをねらいやすくて嬉しい・・・。

 

コスパばつぐんのパンたち

店内にはたくさんのパンたち。1つ1つのパンが小さめということもあり、とても安い!気になったパンを何種類も買って、食べ比べできちゃいます。

もともとは、何かの事務所だったんでしょうか?古さ、アンティークな雰囲気を残しつつもおしゃれな内装になってます。

 

店内真ん中に並べられているパンもたくさんありますが、こんなふうに、オーブンで焼きあがったパンを冷ます台にのせたまんま、お客さんがそこから取れるようにもしてあります。これがまた良い雰囲気を作ってます。悪く言えばザツ、良く言えばやりすぎないオシャレ。焼き立てがほしいお客さんはここから取ったら間違いないし、お店の従業員の方々の手間も省けるので、このザツさはナイスアイデアです。

 

おかずパンや甘いパン、ハード系のパンまで種類がとっても豊富。

 

クリーム系、チーズ系のパンも数種類。クリームパンは絶品です!小さめなので、お腹にもやさしい。

 

おかずパンは、どれも具沢山。おかずを食べているようです。

 

パイ生地をつかったパンもたくさん。生地はサクサクで中身は甘すぎず、ちょうどいい。

 

パイナップルががっつり入ったパン?なのかパイなのか?や、あずきバターなどの斬新なパンもあります。

 

そしてクロワッサンが絶品。ふつうサイズのクロワッサンと、ミニサイズのクロワッサンがあります。買ったらすぐに食べるのがおすすめ。サクサク、ふわふわです!

 

イートインもちょこっと

 

どんどん買われていくパンたち。店内の奥では、従業員の方々が一生懸命パンを製造してます。ここもガラス張りなので、丸見え。

 

小さなスペースですが、イートインもできます。焼き立てのパンを焼き立てのうちに食べるのもいいですね!

 

パンと一緒に、コーヒーもありますよー。1杯100円。イートインをするならぜひ。

 

ニシパンさんの営業時間とアクセス

 

nishipan(ニシパン)

高松市内、電車(ことでん)でもアクセスできます。

10:00〜17:30(売り切れ次第終了)

定休日:水曜日、木曜日