ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【冷凍保存食】お弁当に使える「プチハンバーグ団子」レシピ

すぐに作れる冷凍保存食

プチハンバーグ団子

  • 調理時間:25分
  • 1人前の材料費:140円程度
  • 保存期間:冷蔵3日、冷凍2ヶ月以上

 

【冷凍保存食】お弁当に使える「プチハンバーグ団子」レシピ

材料(4人分)

つけあわせの野菜は、ピーマン以外にも玉ねぎやアスパラガスなどお好みで変えてもOKです。 さらにたくさん作って長期保存する場合は、材料それぞれ2倍、3倍などしてください。

  • 合挽き肉    350g
  • 卵       1個
  • 玉ねぎ     1/2個
  • パン粉     100ml
  • 塩こしょう   各小さじ1
  • ケチャップ   大さじ4
  • ウスターソース 大さじ4
  • ピーマン    4個

 

簡単レシピ

  1. ボウルにひき肉を入れて、手でよくこねる。
  2. 細かめのみじん切りにした玉ねぎと卵、パン粉、塩こしょうを加え、さらに手でこねて、ハンバーグのタネを作る。
  3. ハンバーグのタネを少しずつ手にとって両手で丸め、よく空気を抜く。このハンバーグのタネ団子をたくさん作っておく。
  4. 鍋にケチャップとウスターソース、水100mlを入れ混ぜておく。ハンバーグのタネを鍋に入れ、さらにひたひたまで水を加えたらよく煮る。
  5. ハンバーグに火が通ったら、一口大に切ったピーマンを加え軽く火を通す。

プチハンバーグ団子

 

*ポイントメモ*

一気にたくさん作れてたくさん冷凍保存、食べたくなったときにすぐに食べられます。しかもコスパが良くてお弁当にもかなり使えるプチハンバーグ団子。味付けを塩こしょうのみにしてふつうのハンバーグを作るのもありですが、煮込みハンバーグにすることによって、ひとつの鍋で大量生産が可能。お弁当に入れるときにソースをつける必要もありません。作り方のポイントは、ハンバーグのタネに使う材料すべてを一緒にこねるのではなく、はじめにひき肉のみをこねて肉どうしの隙間をなくすこと。

最終的には小分けにして冷凍庫に入れて保存するのがおすすめです。ただし作ったときから1〜2日間は冷蔵庫で保存すると、冷めていく間にもソースの味がハンバーグに染み込んでいきます。