ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

新築・リフォームを考えているなら必見!シンプル信者のためのトクラスキッチン

トクラスのキッチンがすごい!

f:id:haretoke_san:20170226153637p:plain

 

こちらの記事もどうぞ→【保存版】おしゃれなキッチン収納とリフォームのアイデア集

 

トクラスというメーカーをご存知ですか?

知らない方も多いかもしれません。というのも、トクラスという会社ができたのがついここ最近、2013年のことですから当然のことでしょう。しかしじつは、その歴史は長いのです。

トクラス、もともとはピアノなどの楽器で有名なヤマハでした。ヤマハは1967年にホーム用品事業部を発足させ、日本で初めてシステムキッチンを売り出します。ちなみにその当時はヤマハではなく日本楽器製造株式会社という社名でしたが。その後ヤマハに社名を変更し、1991年にはヤマハの子会社としてヤマハリビンテック株式会社を設立。そちらの方で継続してシステムキッチンなどの販売をしてきましたが、2011年、商品統合ブランドとしての”トクラス”という名称が誕生します。そして2013年、新しくトクラス株式会社が誕生し、この時点でヤマハキッチンは完全になくなります。トクラスという社名、ブランド名はまだ有名にはなっていないもののその歴史は長く、ヤマハだった時代からずっと受け継がれてきた技術や独創性、デザイン性はとてもすばらしいものなのです!  

グリル付ガステーブル HOWARO(ホワロ)がすごい!

 

トクラスのキッチンを選びたい理由

まず、トクラスのパッと見たときの特徴といえば、色のバリエーションが豊富で彩りがとても綺麗なこと、そして掃除が簡単なこと。トクラスのキッチンには、その使い勝手や特徴によって4つのシリーズ(Berryシリーズ・Bbシリーズ・Bbコンパクトプランシリーズ・DOLCE Xシリーズ)があります。

絶対にヒットするものがあるカラーバリエーション

 

f:id:haretoke_san:20170226154449j:plain

まずはキッチンカウンターの扉のカラーについて。こちらはBbシリーズ・Bbコンパクトプランシリーズで選ぶことのできる扉の色です。ただ単に色の種類が多いのではなく、インテリアに合うような、そして個人の好みにも必ずヒットするものが見つかるというような色をたくさん、揃えてくれています。ちなみに扉の色によっても値段の違いが数万〜あり、一番安いものだとEシリーズとCシリーズ。こちらはつや消しカラーになっているので、家の中でも存在感を出しすぎない、シンプルに溶け込むことができるのが特徴です。Cシリーズだと、木目調のものもあるのでオーガニックな雰囲気にもぴったりです。

 

f:id:haretoke_san:20170226154444j:plain

こちらは、Berryシリーズで選ぶことのできる扉カラーです。全114色の中から自分の好みにピッタリとフィットするものを選ぶことができます。どんなにこだわりのある人にも、これだ!と思う色があるはず。逆に、あいまいなイメージだけで見てしまうと、悩みすぎて決まらない場合もあるのでは。

 

f:id:haretoke_san:20170226154447j:plain

選べるのは、扉の色だけではありません。なんとシンクの中の色まで選べてしまうのです。こちらは、Bbシリーズ・Bbコンパクトプランシリーズで選ぶことのできる流しの色。この部分の色は必ず白、またはステンレスならシルバー、と無意識のうちに植え付けられているのではないでしょうか。この常識をくつがえしたのが、トクラスキッチンなのです!マンゴーオレンジは廃盤になってしまいましたが、どれも素敵なパステルカラーですよね。見るだけでわくわくしてしまいます。ちなみに、後で説明をしますがこの部分は人造大理石でできていて、汚れや衝撃にとても強い。固いタワシでゴシゴシこすってもOKだし、重たいものを落としてしまっても全然 OK。こんなにかわいい色でも、汚れがついてこすったら削れてしまうんじゃないかという心配もいりません。

 

f:id:haretoke_san:20170226154446j:plain

さらに、こんなふうにシンクの形も選べますよ。

 

お手入れがラク!

f:id:haretoke_san:20170226161808j:plain

トクラスのキッチンカウンターとシンクは、人造大理石でできています。さらに汚れがたまったり水がたまったりして、すぐにカビが生えてしまうシンクとカウンターの隙間や段差がない!排水部分までもがシンクとなめらかにつながった人造大理石でできているので、ヌメリがたまるということもあまりありません。人造大理石自体、とても細かい粒子でできているので、汚れがこびりつくということが少ないそう。サッと拭くだけで汚れがとれてしまうんだそうです。

 

さらに、ふつうはキッチンカウンターに熱い鍋をそのまんま置くということはしないと思いますが、トクラスのキッチンはこれができるのです。350℃まで耐えることができるようになっているので、熱で変形、変色してしまうということもありません!これはかなり嬉しいですよね。直接キッチンカウンターに熱い鍋やフライパンを置けないからといって鍋敷きを敷いたとしても、熱すぎるとかえって鍋敷きが焦げてしまうということすらあるのに・・・。熱さに強い上に、衝撃にも強くキズがつかない、さらに汚れづらいので掃除も簡単、これはトクラスの最強ポイントじゃないかと。

 

便利でおしゃれなオプションも!ぜひショールームへ

f:id:haretoke_san:20170226151139j:plain

f:id:haretoke_san:20170226151138j:plain

f:id:haretoke_san:20170226162843j:plain

 

とてもシンプルで使い勝手が良い、カラーバリエーション豊富なトクラスのキッチンですが、ぜひ一度ショールームへ行ってみることをおすすめします。全国に店舗があるのですが、事前に予約をとってから行くのが良いです。これから流行ること間違いなしなので、ぜひ少しでもすいている今のうちに。こんなのもあるのか!というようなオプションもたくさんあるので。  

こちらの記事もどうぞ→【保存版】おしゃれなキッチン収納とリフォームのアイデア集