ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【保存版】おしゃれなキッチン収納とリフォームのアイデア集

キッチンのレイアウト6種類まとめ

主婦や料理好きの方にとっては、キッチンは家の中で最も重要な部分のひとつです。狭くて使い勝手の悪いキッチンでは、毎日料理をするのにもイライラ。家族が多くて同時に使うのならばなおさら。キッチンをリフォームするには、まず6種類あるキッチンのレイアウトから、自分の生活スタイルに最も合うものを決める必要があります。今回は、狭くてもオシャレで使い勝手の良いキッチンのレイアウトをたくさん紹介します。

まずはキッチンカウンターのレイアウトについてです。キッチンといってもその形式は様々で、キッチンを利用する人数や用途によってもいろいろな種類があります。様々な生活スタイルに合わせたものがあるので、自分に合うものはどれか、考えてみてください。

 

Ⅰ型のキッチン

キッチン

コンロもシンクも1列に並んでいる、古くて狭い家や、ワンルームマンションなどではよく見かけるレイアウトのキッチン。コストが低く、手軽にリフォームができます。小さなスペースに収まっていてコンパクトなキッチンなので、一人暮らしであまり料理をしないという方にはよく合いますが、複数人でキッチンを利用するという場合や、頻繁に料理をする、という方にはちょっと不便。

 

Ⅱ型のキッチン

キッチン

こちらはコンロとシンクを2列に分けて配置するレイアウト。スペースは狭くても、料理をするための場所は比較的広く確保できます。カウンターが2列に分かれているので、その分収納スペースも多くとることができます。そのわりに、横に長くなく作業をするために動く距離が短くて済むので、作業効率も高くなりますね。

 

L型キッチン

キッチン

L型は、コンロとシンクを直角に配置したレイアウト。こちらはⅡ型よりもさらに、作業をするのに動く距離が短くなるので作業効率が高くなります。複数の人たちが同時に使うばあいには、Ⅱ型のように、すれ違うときに気を使わなくても良いので便利です。ただ、直角に折れているカウンター部分を有効に利用する必要があります。食器棚やキッチン家電などを、コンロの向かい側に配置してしまうとちょっと圧迫感がでてしまうので、キッチン家具の配置にも工夫が必要になります。

 

U型キッチン

キッチン

コンロとシンク、作業するためのカウンターをU字型に配置したキッチン。L型よりもさらに、作業スペースが広がり使いやすいですが、これも、カウンターが直角になっている部分の有効利用が必要になります。カウンターが長い分、収納スペースも多くとることができますよ。また、作業カウンターで朝食や軽食をとることもできてしまいます。ただ、こちらはスペースを大きくとらなければならないので、ダイニングキッチンの狭い家には不向きです。

 

アイランド型キッチン

キッチン

独立したアイランド=島をとったレイアウトです。独立させる部分は、ここではシンクですが、なにも配置しないまっさらなカウンターを持ってきて、作業台にすることもあります。壁側のスペースが空くので、食器棚やキッチン家電などを自由に配置することができます。また、複数人で使う場合にも使い勝手が良いですね。こちらも、狭い家ではちょっと厳しいレイアウトです。

 

ペニシュラ型キッチン

キッチン

ペニンシュラ=半島という意味で、端が半島のようにつきだしたレイアウトです。対面する部分と、独立する部分があるので、こちらも複数人で使うには便利です。ただしU型キッチン同様、狭い家には不向きです。

 

素敵なアイデアのつまったオシャレなキッチンまとめ

家の間取りや一緒に作業をする人の数、利用方法やこだわりによって、キッチンのレイアウトはそれぞれに合ったものがあるはず。まずどのレイアウトにしようか、またはどのレイアウトを基礎としてアレンジを加えようか、アイデアを固めたら、次はキッチンのデザインと、家具、家電や収納の配置です。ここでは、たくさんのオシャレなキッチンのデザインや、アイデアのつまった収納方法などをまとめています。

 

オシャレで使い勝手抜群のキッチンレイアウト

キッチン

出典

こちらは広い家ですが、キッチンレイアウトや収納のアイデアは、狭い家のキッチンリフォームにも使えそうなものばかりです。カフェ風で味のある木のカウンターに、オシャレな椅子と小さな収納。また、小さな食器や小物を飾りのように置くことができる壁面収納も素敵。そして、高い場所にあるたくさんのビンに入ったお酒や調味料。子どもには届かない位置に、あるだけでオシャレに見えるビンをたくさん置くのはとても良いアイデアですよね。照明もとてもオシャレで、家というよりは南国のカフェのような雰囲気。

照明選びはこちらの記事→【厳選】賢い照明選びで部屋をオシャレに

 

キッチン

出典

こちらも、カウンターを軽食スペースとして利用している例です。全体が無垢の木でできていて、なんだかリラックスできそう。ただ、こちらはキッチンにある作業用のカウンターと軽食用のカウンターの高さをバラバラにして区別しているので、作業カウンター兼軽カウンターというわけにはいきません。せまいキッチンではここまではなかなか真似できないですね。

 

キッチン

出典

キッチンカウンターとテーブルが1列につながっているレイアウト。料理をしている人と、テーブルにいる人が話しやすい配置になっています。カウンター下のスペースも、キッチン側とダイニング側両方から使えるのでとても便利です。ダイニング側には本を飾っています。おしゃれな上に、席についているときに手軽に本を読めるのもうれしいですね。椅子の色もあえて全てバラバラにしています。

リビングダイニングのレイアウトはこちらの記事→【保存版】狭いリビングorダイニングで工夫を凝らしたレイアウト集

キッチン

出典

こちらは、キッチンカウンターを軽食カウンターとしては利用せず、下にオシャレな木の収納スペースを配置したタイプです。カウンターの台を壁として利用し、収納をスペースをつける、こちらも真似したいアイデアですね。この収納棚には、雑誌やオシャレな小物など、あるだけで気分が上がるものを置きたいです。

 

キッチン

出典

こちらはとてもオシャレ。全体に黄色のアクセントカラーを入れてまとめたデザインです。キッチンの壁と照明、テーブルの真ん中に置いておく物などの色を合わせることで、格段にオシャレに見えるようになります。自分カラーを一色決めておいて、いろいろな場所に使うようにすると、統一感が生まれてオシャレに仕上がるだけでなく、気分も上がりますよね。

 

キッチンカウンターと収納スペースの最有効利用

キッチン

出典

壁に合わせて作ったカウンターには、必ずその上にスペースができます。こちらは、何もないまっさらな白い壁に、カウンターの色に合わせて選んだ木の板で作った収納台です。このスペースには、木やステンレスでできた食器や調理器具を配置しています。キッチンの上の棚に食器を入れる方法もありますが、背の低い女性などには使い勝手が悪い上に、大きな地震が来たら即、落ちてきて割れます。地震に備えるといった意味でも、割れ物はなるべく下の方の棚に収納するのが良いです。

 

キッチン

出典

こちらでは壁面を全て収納棚にして、キッチン家電や調理器具を配置しています。色も独特でとてもオシャレ。オーブントースターや電子レンジなど、手前に開けて使うキッチン家電は、この写真のように、上の棚と下の棚の間にできた中途半端なスペースに配置できるとなお良いです。冷蔵庫やカウンターの上に置くことも多いですが、オーブントースターや電子レンジ自体がとても熱くなるので、その上に何かを置くということが難しくなり、スペースの有効利用にはつながりません。

 

キッチン

出典

こちらは壁面収納。直角になっている壁に取り付けて、調味料などを上手に収納しています。このような細長い棚は、100円ショップなどで手に入りますよ。

 

キッチン

出典

大きなものは下に、小さなものは上の方に配置することで、圧迫感が減りオシャレに仕上がっています。家族みんなが頻繁に使うコップは、すぐに出して使えるように全員分を掛けているというのも良いですね。

 

キッチン

出典

キッチンカウンターにも、収納棚を設置。3段〜4段にすることで、縦にスペースをのばすことができます。キッチンカウンターに合わせた木の色を選択することもポイント。

 

キッチン

出典

こちらは、まな板の収納術です。キッチンカウンターに立てかけるしかなかったまな板、収納棚の一部にちょっとした工夫を加えることで、場所をとらずに大きなまな板を収納することができます。また、この状態でまな板を乾燥させることもできるので、カビが生える心配もありません。

 

キッチン

出典

こちらは鍋やフライパンなど調理器具をカウンター下の棚に入れる場合の収納術です。小鍋に大きな鍋に揚げ物鍋、大きなフライパンに小さなフライパン、卵焼き器にたこ焼き器。ふつうに置くと、場所をとる上に、使いたいときに取り出しづらい。そんなときに、この横向き収納はとても便利ですよ。

 

キッチンのリフォームをするときには、使う人の数や頻度に合わせて、一番有効に利用できる方法を探してください。