ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

DIYでポストと宅配ボックス

DIY家具づくり

 

高松にあるちいさなシェアハウス、古民家リノベーションがほぼ完了して、あとは必要な家具などをつくるだけ。

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

手作りポストと宅配ボックス

こちらの記事に出てきた手作りポスト、ニスを塗って完成したので、完成までの作業を振り返ってみます^^こちらのポストと一緒に、宅配ボックスも作ってみました。まだ印鑑を作ってないし使い方についても明記できていないので、カンペキにできあがりというわけではないけど、とりあえず形だけはできました。

 

使ったのはOSBボード。細かいサイズは忘れたけど、大きな一枚板が1000円程度ととても安い。そして軽い!切りやすく加工しやすいです。

 

宅配ボックスやポストに合う大きさに板をカットしていきます。

 

 

使ったのは、ブラックアンドデッカーの丸ノコ。ヘッド部分を付け替えるだけでDIYに必要な工具の役割をひととおりこなしてくれるので、とっても便利です。これだけあれば、少なくともDIY初心者のわたしには十分事足ります。

 

ポストらしい形になってきたよ。

 

インパクトドライバーでちょうつがいを付けて、フタが開くように。

 

OSBボードだけでもいいかなとも思ったんですが、もっとポストらしくするために、塗装します。まずはマスキングテープで丁寧に養生。

 

ミルクペイントという、体についても害のない、赤ちゃんの遊具などをDIYするときにもよくつかわれているという塗料を使いました。においも全くないです。ポストなのでまずは赤。さらに、ミルクペイントのアンティークメディウムという、ちょっとアンティーク風な見かけにしてくれる塗料もつかいました。

 

思ったより真っ赤!!

 

ポストの内側だけは、OSBボードの色そのまんまを残しておきました。まわりは全面真っ赤なミルクペイント。

 

赤い塗料が乾いたら、次はアンティークメディウム。雑な性格がここでも出てしまい・・・赤い塗料を入れていたパレットをそのまんま使いアンティークメディウムの塗料をドボドボ。もちろんハケも洗わず再利用。

 

赤い塗料の上からアンティークメディウムをハケでかするように塗り、塗った場所を布でこする。真っ赤なポストよりかは、ちょっとアンティーク風になっていい感じ。さらに細く余ったOSB材で郵便マークを作成してペタッと貼りました^^

 

 

赤いミルクペイントはこれ。

 

 

アンティーク風な見かけにするのはこれ。ポストに限らず、いろいろ使い道はありそう。

 

同じ要領で、宅配ボックス(になるはずの大きな箱)。

 

こちらにはカギをつけたよ。

宅配ボックスは、使い方を書いて貼っとかなきゃならないですが・・・。

  1. カギの空いた箱に荷物を入れる。
  2. 受け取りのサインが必要なら、箱の中にある印鑑で捺印。
  3. 印鑑を箱の中に戻したら、カギをしめて番号をまわす。

という使い方にするつもりです。宅配ボックスはネットでもいろいろ売っていますが、相場は数万円〜とお高いので、自作しようと思いいろいろ使い方を考えました。この使い方が一番シンプルで良いのかな。ちなみに印鑑は、いつも使っているような名字の入った印鑑だと悪用されるおそれもあるので、「名字」じゃなく「確認名字」など?ちょっと違うけどサインの代わりになるようなものをネット注文などで作ると良いです。

ま、まだ宅配ボックスは使ってませんが。

 

そして、このポストと宅配ボックス、自作したはいいけど、OSBボードなので外で雨風にさらされるとすぐにダメになってしまいます。屋外用のニスを塗ろうかと、工務店さんに相談しました。すると、ホームセンターで売っているような屋外用のニスなどは、油性のものでも、そのうち日光に当たりパリパリとはがれてしまうよう。

 

 

工務店さんにおすすめされたのが、キシラデコールの油性ニス。

ウッドデッキやガーデニングなどにとても良いそう。ただ最小でも4リットル缶からしかなくて、今回は塗る面積が小さいのでとりあえずホームセンターで購入したニスを使用。

 

長持ちは期待できないけど、とりあえずはいっか。

そして宅配ボックスの上面だけについては、家の外壁と同じ色の塗料が余っていたのでそれを利用。これで、ニスよりかは長持ちするかな。

 

ちなみに外壁の色はこんなかんじになりました!

 

写真だとわかりづらいですが、リシンという砂などの粉が混ざった塗料なので、表面が程よい具合にザラザラしてます。真っ黒よりもいい感じ。

 

シェアハウス

ちなみにリノベーション前はこんなかんじでしたよ。

 

 

シェハウス

ここからは想像つかないくらいキレイになってます!たいしたもんだ。

家の中のようすはこちらの記事をみてね。→ちいさなシェアハウス完成!?