ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【保存版】狭い部屋でもおしゃれに賢く!クローゼット収納のアイデア集

リフォーム+DIY

すぐに散らかるクローゼットが見違えるようにスッキリ

たくさん買ってしまった洋服やカバン、クローゼットに収納しているけど、気づくとぐちゃぐちゃになっていたり、買いすぎてクローゼットに入りきらなくなっていたり・・・大片付けは年末、なんて言っているとすぐにホコリがたまったり、お気に入りだった服がくしゃくしゃになっていたり黄ばんでいたりしてしまいます。普段使っているクローゼットも、ちょっとしたアイデア次第でとても機能的に、さらに見違えるほどおしゃれに変わってしまいますよ。

こちらの記事もどうぞ→【保存版】狭いリビングorダイニングでの工夫を凝らしたレイアウト集

奥行きがなくても扉がなくてもOK!クローゼットの機能的な収納術

クローゼット

出典

部屋にきちんとしたクローゼットが設置されている場合のオーソドックスな収納方法。シワになるものはハンガーにかけて、他の衣類は引き出し式のクローゼットケースを積み重ねその中に入れます。そしてカバンは、クローゼットの一番上の棚に並べて収納。ただしこの収納方法の場合、カバン類は奥に入れすぎないようご注意を。あとで奥に入りすぎたカバンが下から見えなくなり、紛失したかと勘違いしてしまうので。

引き出し式のクローゼットケースは、飽きのこないシンプルなものが、インテリア的にもおすすめです。やっぱり一番人気はこちら、無印良品のクローゼットケースです。使っている人はかなり多いですが、その分使い勝手がとても良いのです。

こちらの無印のクローゼットケース、もう少し深いタイプのものもあります。自分に合うものを選んでくださいね。

 

クローゼット

出典

こちらも収納の仕方はだいたい同じですが、ちょっとオシャレに見えますよね。その一番の理由は、色。ハンガーにかけて並べるワイシャツなどの色は、ここではうまくグラデーションになっていますが、今持っている服でここまでうまくグラデーションを作れる方は少ないはず。でも、だいたいで良いのです。おおまかに色をそろえていくことを繰り返すことでこのように、服が多くてもちょっとオシャレに見えるようになりますよ。まあそんなことにこだわっていられないという方には、ここは重要なポイントではありませんが。

 

収納

出典

こちらでは、クローゼットの中にいろいろな形、大きさの棚やかわいらしいカゴの中に、種類別に分けた服や小物を収納しています。収納スペースだからといってただ収納をするだけでなく、ちょっと手を加えてかわいいものを置くだけで、ただの収納ではなく、お気に入りのものがたくさんある自分だけの空間に早変わりです。

クローゼット用の収納カゴには、フタつきのものとこのようにフタがないものがあります。わたし個人としては、フタがついてないものをおすすめします。何を入れたかすぐに見てわかるので、間違えてムダなものを出して散らかしてしまう、ということがないからです。カゴは置くだけで一気に雰囲気がかわいらしくなりますが、たくさんは置かない方が良いです。おすすめは、引き出し式のクローゼットケースを2、3段積み重ねて置き、その上に小さな物を入れるためのカゴを一段追加することです。

 

クローゼット

出典

もうひとつ、こちらはクローゼットの中に、収納ケースの他に高さの低いハンガーをひとつ設置して丈の短い衣類をかけています。洋服がそこまで多くなければ、こっちのほうがシワもになりにくいので良いかもしれません。

クローゼットケースやカゴにもいろいろ種類があるので、自分に合うものを探してみてください。実際にお店で探すのも良いですが、店舗を置かずに通販限定で家具を販売しているネットショップや、大々的に広告を出さないことでムダなコストカットを行なっているショップに目をつけると、良い家具が安くお得に手に入るのでおすすめです。

 

クローゼットがなくても大丈夫!アイデア収納術

突っ張りハンガーをつかったアイデア収納

部屋にちょうど良いサイズのクローゼットがついていない、ということもあるはず。そんなとき、どのように洋服を収納したら良いのでしょうか。ここでは、工夫を凝らした素敵な収納方法を紹介します。

クローゼット

出典

扉なしのクローゼットのような一角。クローゼットがなくても、このように突っ張り棒を活用して充分、収納スペースは作れるのです。とても便利です。

おすすめの突っ張り棒ハンガーはこちら。カラーはホワイトとブラウン、ピンクがあり、部屋に合わせて選ぶことができます。ちなみにかなりの人気商品で、色によってはすでに売り切れになっている場合が多いので事前に確認がいるかもしれません。

 

クローゼット

出典

こちらも同じタイプの収納方法ですが、竿にかけるスペースがたくさんあるので、洋服の丈の長さや用途によってかける場所を分ければ統一感が出ておしゃれに収納できますよ。ただ、実際のところこんなに色味も形も統一された服ばかりを持っている人はいないので、ここまで綺麗にはなりませんが。  

押入れをつかったアイデア収納

和室をリフォームした場合、クローゼットではなく押入れが残っていることが多いですよね。そんな押入れでも、立派なクローゼットの役割を果たしてくれるのです。収納だけではなく、じつはアイデア次第で他の役割も。

収納

出典

押入れでも、上の段に突っ張り棒、下の段にクローゼットケースを入れることでこんなに機能的なかわいい収納スペースができてしまいます。和室の場合、余ったスペースに布団も収納できますよ。

オーガニックカラーの突っ張り棒なら、あたたかい雰囲気に。

 

クローゼット

出典

押入れなのでもちろん、クローゼットのような扉はありません。そんなときも、このようにお気に入りの柄のカーテンをとりつけることで一気に、目隠しにもおしゃれにもなりますよ。もちろん、押入れの中身がキレイならカーテンはしなくてもOK。カーテンを自分で取り付ける場合には、まずは押入れに合うカーテンレールが必要です。

こちらのタイプのカーテンレールなら、突っ張り棒式なので取り付けがとても簡単です。カーテンを後付けする場合にはぜひ。

 

たくさんのアイデアの中で、自分の部屋の押入れや好みに合った収納術を選んで、参考にしてみてくださいね。

押入れがベッドスペースに!

クローゼット

出典

ここでは収納スペースを、ベッドスペースとして利用しています!上下2段になっているので、2段ベッドと同じように使うことができます。もちろん上の段だけをベッドスペース、下の段は収納として使うこともできますよ。

 

クローゼット

出典

押入れをベッドスペースに利用する場合、わざわざベッドを置かなくても、このようにすのこを敷くだけでもOK。上の段には落下防止用の柵を必ずつけてくださいね。すのこを敷いた上に布団を敷けば、布団の下に湿気がたまりにくくなります。押入れをベッドスペースにしてしまえば、その分、部屋が広くなるわけで、他に洋服などの収納スペースを確保することもできるようになります。

狭い部屋のリフォーム、リノベーションでは、スペースにいかにムダを作らないかということが重要になってきます。今すぐ使えるアイデアもたくさんあるのでぜひ、自分の家に当てはめて考えてみてください。        ちょっとしたリフォームを外注しようか迷ったら、まずは実際のところどれくらい費用がかかるのかを見積もりしてみることが大事です。それをふまえて、どこまで外注するか、どこから自分たちだけの力で仕上げるか、費用対効果をよく考えて決定してくださいね。