ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【野菜の保存】白菜の栄養と保存方法

血圧の上昇や風邪を予防する「白菜」

白菜

白菜の栄養と旬

白菜の旬は11月〜2月頃。冬に食べる鍋にも入っていることが多いです。白菜は全体の9割以上が水分。ミネラルが豊富で、栄養素はバランスよく含まれています。特に多く含まれているのはビタミンC、カリウム、食物繊維。

ビタミンC
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
カリウム
  • 体内の恒常性を保つ
  • 血圧を下げるはたらきをする
食物繊維
  • 糖尿病の予防をする
  • 便通を良くする
  • コレステロールを低下させ、動脈硬化などを予防する

 

他にもいろいろな栄養素がバランス良く含まれていますが、糖質が少ないためダイエット効果もあります。スーパーなどで売っている白菜を買うときには、葉の巻きが強いものを選ぶと良いです。白菜を買うと、葉に黒い斑点のようなものがついていることがありますが、これは食べても部無害のものです。白菜の生育過程でできる”ゴマ症”という生理反応。腐っているわけではありません。

 

白菜の保存方法

常温保存

カットして売られている白菜は、基本的には常温保存はできません。まるまる1個の白菜を買った場合には、常温で1〜2週間ほど保存できます。

常温で保存するときには、白菜をまるごと新聞紙で包み込み、冷暗所に置いておきます。このとき、白菜の芯が下になるように置くようにするとより長持ちします。ちなみに、白菜の葉を一枚一枚はがし2〜3日ほど天日干しにすると、さらに長期間、常温保存ができるようになります。天日干しにすると、白菜の甘みを引き出すこともできます。

 

冷蔵保存

冷蔵庫で保存するときは、ラップで包み、さらに新聞紙で包み込んで保存してください。冷蔵庫に入れておけば、まるまる1個の場合には1ヶ月ほど、カットして売られていた場合には1週間ほどもちます。

 

冷凍保存

白菜は生のまま冷凍保存することはできません。ただし生でも、小さく切り塩をもみ込んだあとに水気をしっかりきっておけば、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫で1週間ほど保存できます。または、白菜を一口大程度の大きさに切り固めにゆでて、水気をきっておけば同じようにラップや保存袋に入れて冷凍庫で1週間ほど保存できます。

冷凍保存したあと解凍するときには、冷蔵庫や常温での自然解凍がおすすめです。電子レンジで温めても解凍できますが、温めすぎに注意。