ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

【野菜の保存】ブロッコリーの栄養と保存方法

ビタミンCがレモンの2倍「ブロッコリー」

ブロッコリー

ブロッコリーの栄養と旬

ブロッコリーの旬は11月〜3月頃。じつはブロッコリーにはキャベツの5倍、レモンの2倍ものビタミンCが含まれているので、風邪予防には効果的。水によって水溶性ビタミンCが流れ出てしまうので、ゆでるよりも焼く方がおすすめです。また、抗がん物質も豊富に含んでいます。

ビタミンC
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
ビタミンA
  • 肌の健康を維持する
  • 細胞の生まれ変わりを助ける
  • 細菌から体を守る
カリウム
  • 体内の恒常性を保つ
  • 血圧を下げるはたらきをする
葉酸
  • 血液を作る
  • 胎児の正常な発育を促す
  • 脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患の予防をする
βカロテン
  • 免疫を増強する
  • 心疾患、ガンのリスクを低減する
  • 老化を防止する

 

この他にも、多く含まれている栄養素がいくつもあります。スーパーなどで売っているブロッコリーを買うときには、つぼみが濃い緑色で中央部分が盛り上がり、身がしまっているものを選ぶと良いです。

 

ブロッコリーの保存方法

常温保存

ブロッコリーを買ってきてそのまんま常温で置いておくと、すぐにつぼみが黄色くなり落ちてしまい、長持ちしません。常温で保存する場合には、3日間ほど干して干しブロッコリーにしてください。買ってきたブロッコリーは小房に切り分け洗ってから、ザルの上に広げて3日間ほど干し、黄色っぽくなってきたらOKです。さっと固ゆでにしてから干すとより良いです。干しブロッコリーを調理するときには、水に30分くらい浸してから使ってください。干しブロッコリーにすれば、1ヶ月ほどもちます。

 

冷蔵保存

冷蔵庫で保存する場合、ブロッコリーは切らずにまるごと保存します。まず、キッチンペーパーでブロッコリー全体を包み込みます。そのキッチンペーパーの上から、ラップで2重に全体を包みます。さらにそれをビニール袋に入れてから冷蔵してください。この方法で保存をすれば、冷蔵庫で2週間ほどもちます。

 

冷凍保存

冷凍するときは小房に切り分けてから、生のままではなく一度さっと固ゆでにしてから水気を取り除き、ラップで包んでからジップロックなどの保存袋に入れて保存してください。このとき、できるだけ空気を抜くことが大事です。凍ったまま加熱調理することもできますし、一度自然解凍または電子レンジで解凍してから使ってもOKです。冷凍保存をした場合1ヶ月ほどもちますが、できるだけ早めに調理することをおすすめします。

 

ブロッコリーはつぼみの部分を食べるのが通常ですが、茎の部分も同様にして保存ができます。

 

ブロッコリーをつかった簡単保存食レシピ

クリームシチュードリア

【冷凍保存食】シチューのリメイク「クリームシチューからのドリア」