ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

食材の栄養と保存

【野菜の保存】さやえんどう(絹さや)の栄養と保存方法

目の疲れに効果的!「さやえんどう」 さやえんどうの栄養と旬 さやえんどうの旬は春〜初夏、4月〜6月頃です。さやえんどうは、さやごと食べるので、さやの部分にある栄養分もしっかりととれます。アミノ酸が豊富に含まれていて、脂肪を燃焼させてくれます…

【野菜の保存】チンゲン菜の栄養と保存方法

目の疲れに効果的!「チンゲン菜」 チンゲン菜の栄養と旬 チンゲン菜の旬は秋〜冬、9月〜1月頃ですが、ハウス栽培もよくされているので年中食べることができます。βカロテンやビタミンCが豊富ですが、中でもチンゲン菜に含まれるビタミンAは、目の疲れにと…

【野菜の保存】カリフラワーの栄養と保存方法

実はレモンに負けないビタミンC「カリフラワー」 カリフラワーの栄養と旬 カリフラワーの旬は冬〜春、11月〜3月頃です。ブロッコリーと同じくつぼみを食べる野菜で、ブロッコリーの突然変異で生まれた野菜だとも言われています。ビタミンCの含有量がとて…

【野菜の保存】春菊の栄養と保存方法

病気知らずの体をつくる「春菊」 春菊の栄養と旬 春菊の旬は名前のとおり、秋の終わり〜春にかけて。11月〜3月頃です。春菊にはカロテンや鉄などが豊富で、免疫力を高めて病気に強い体をつくってくれます。 βカロテン 免疫を増強する 心疾患、ガンのリス…

【野菜の保存】トマトの栄養と保存方法

がん予防、動脈硬化予防に「トマト」 トマトの栄養と旬 トマトの旬は夏〜秋、6月〜9月頃です。トマトにはリコピンという抗酸化作用の強い成分が豊富に含まれていて、血糖値を下げることから動脈硬化予防や肺ガン、前立腺ガン、卵巣ガンなどの予防にとても…

【野菜の保存】キャベツの栄養と保存

抗がん作用にも期待!胃が弱っているときには「キャベツ」 キャベツの栄養と旬 キャベツの旬は年に2回、3月〜5月頃の春と、11月〜1月頃の秋、冬です。キャベツはとても栄養が豊富で、特にビタミン類によって強力な抗酸化作用や潰瘍の予防効果がありま…

【野菜の保存】ほうれん草の栄養と保存方法

貧血や便秘解消に「ほうれん草」 ほうれん草の栄養と旬 ほうれん草の旬は冬、12月〜1月の寒い時期です。鉄分が多く、貧血や便秘解消に有効ということで有名ですが、さらにその鉄分を吸収しやすくするビタミンCやガン予防に有効なβカロテン、葉酸も豊富に…

【野菜の保存】ニラの栄養と保存方法

疲労回復と免疫力アップに「ニラ」 ニラの栄養と旬 ニラの旬は秋〜春、11月〜3月頃です。野菜の値段が高騰する中、比較的いつでも安価で手に入るニラは栄養素がとても豊富です。ビタミン類が多く含まれ特にビタミンEやビタミンKが豊富で、生活習慣病予防…

【野菜の保存】水菜の栄養と保存方法

老化防止に「水菜」 水菜の栄養と旬 水菜の旬は秋〜春、11月〜3月頃と比較的長期間おいしく食べることができます。水菜は生のままサラダに入れて食べたり鍋に入れたり、万能に使うことができますが、ほとんどが水分で栄養は少ないと思われがちです。が、…

【野菜の保存】じゃがいもの栄養と保存方法

美肌、風邪予防に「じゃがいも」 じゃがいもの栄養と旬 じゃがいもの旬は春〜夏、4月〜6月頃と言われていますが、もう一回秋頃(9月〜11月)にも再び旬がきます。じゃがいもにはビタミンCが豊富ですが、熱に強い種類のビタミンCなので加熱しても逃げず…

【野菜の保存】ごぼうの栄養と保存方法

水溶性、不溶性食物繊維で便秘解消「ごぼう」 ごぼうの栄養と旬 ごぼうの旬は秋〜冬、11月〜1月頃です。ごぼうには血糖値を調節するイヌリン、腸内環境の改善に効果のあるセルロース、大腸ガンを予防するリグニンなど、食物繊維が水溶性、不溶性ともに豊…

【野菜の保存】カブの栄養と保存方法

アミラーゼで胃もたれ、胸やけ解消「カブ」 カブの栄養と旬 カブの旬は冬と春、11月〜1月頃と3月〜5月頃です。カブにはデンプンの消化酵素のアミラーゼが含まれているので、整腸作用があります。根の部分を主に食べますが、大根と同様、根よりも葉に多…

【野菜の保存】里芋の栄養と保存方法

ぬめり成分ガラクタンでがん予防「里芋」 里芋の栄養と旬 里芋の旬は秋〜冬、9月〜12月頃です。里芋の表面はヌルヌルしていますが、このぬめり成分はガラクタンといい、炭水化物とタンパク質が結合した物質です。ガラクタンにはがん細胞の増殖を抑える働…

【野菜の保存】レンコンの栄養と保存

加熱しても逃げないビタミンCで、レモンに匹敵「レンコン」 レンコンの栄養と旬 レンコンの旬は秋〜春、11月〜3月頃です。野菜に含まれるビタミンCは、水で洗ったり加熱することでそのほとんどが逃げてしまうことが多いですが、レンコンに含まれるビタミ…

【野菜の保存】ニンジンの栄養と保存方法

免疫力アップ、がん予防にも「ニンジン」 ニンジンの栄養と旬 ニンジンの旬は秋、9月〜11月頃です。ただし香川県の特産、金時人参の旬は寒くなってからが本番です。βカロテンを多く含み、その含有量は野菜の中でもトップクラス。免疫力をアップさせ、さら…

【野菜の保存】タマネギの栄養と保存方法

刺激成分アリシンで血液サラサラ「タマネギ」 タマネギの栄養と旬 タマネギは1年中出回っているイメージがありますが、旬は秋〜冬、9月〜3月頃です。ちなみに新タマネギは4月〜5月頃、春にのみ出回ります。ビタミンB6が豊富なので、疲労回復に効果的で…

【野菜の保存】カボチャの栄養と保存方法

老化防止と整腸作用「カボチャ」 カボチャの栄養と旬 カボチャの旬は夏から秋にかけて、7月〜9月頃です。が、冬至のかぼちゃと言うように、栄養まんてんなカボチャは冬でも食べる機会がよくあります。緑黄色野菜に分類され、ビタミンやカロテンを多く含ん…

【野菜の保存】小松菜の栄養と保存方法

カルシウム、鉄分はほうれん草以上「小松菜」 小松菜の栄養と旬 小松菜の旬は冬から春にかけて、12月〜3月頃です。カルシウムの含有量は青菜の中では圧倒的に多く、鉄分の含有量が多く貧血によく効くと言われているほうれん草よりも、鉄分が多く含まれて…

【野菜の保存】さつまいもの栄養と保存方法

食物繊維だけじゃない便秘解消成分「さつまいも」 さつまいもの栄養と旬 さつまいもの旬は秋、9月〜11月頃ですが、これよりもかなり長い期間食べることができます。食物繊維はじゃがいもの約2倍ほども含まれ、便秘解消に有効なことはよく知られています…

【野菜の保存】大根の栄養と保存方法

イソチオシアネートでがん予防「大根」 大根の栄養と旬 大根の旬は11月〜3月頃。大根は葉の部分と根の部分で、多く含まれる栄養素が異なります。特に根に含まれる辛味成分、アリルイソチオシアネートでがんの予防や血栓予防ができます。また、生の状態で…

【野菜の保存】ブロッコリーの栄養と保存方法

ビタミンCがレモンの2倍「ブロッコリー」 ブロッコリーの栄養と旬 ブロッコリーの旬は11月〜3月頃。じつはブロッコリーにはキャベツの5倍、レモンの2倍ものビタミンCが含まれているので、風邪予防には効果的。水によって水溶性ビタミンCが流れ出てしま…

【野菜の保存】白菜の栄養と保存方法

血圧の上昇や風邪を予防する「白菜」 白菜の栄養と旬 白菜の旬は11月〜2月頃。冬に食べる鍋にも入っていることが多いです。白菜は全体の9割以上が水分。ミネラルが豊富で、栄養素はバランスよく含まれています。特に多く含まれているのはビタミンC、カリ…