ARINKO LOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

天井のペンキ塗りで全身まっ白け

リフォーム+DIY

天井塗装でDIYデビュー

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

シェアハウス

シェアハウス

高松市内の小さなシェアハウス、ありんこハウスのオープンに向けてリノベーション工事まっ最中。なかなかのボロ家だったからか、物件自体が安すぎたのか、とにかく物件の価格の10倍以上の工事費用がかかることになってます。デザイン料込みのリノベーション工事の中ではこれでもかなりお安いほうだそうだけど、なんせ貧乏なので、できるところは自分でやろうということで、とりあえず天井塗装は自分ですることになりました。貧乏なだけじゃなく、DIYの勉強もしたいのでね。

前回の記事はこちら→ほねほねの家とはじめての天井塗装

 

養生に苦労・・・天井の下塗り

DIY女子をめざし、とりあえず行動!やったことのなかった塗装にチャレンジ。1週間前には、シーラーというボンドの薄め液のようなもので、天井の下塗りをしました。

 

まずは天井と壁の境目のラインにそって、丁寧にマスキングテープを貼っていき、その上からマスカーと呼ばれる、養生テープとゴミ袋を広げたようなものを組み合わせたような道具(笑)を、どんどん貼っていき部屋中を養生します。それが終わってからやっと、シーラーをぬりぬり。

 

マスキングテープは、業務用にこんなセットとして売っています。

 

マスカーはこんなもの。幅の細い養生テープと静電気で壁などに張り付くビニールシートが一体化した、養生に便利な道具。

シーラーはほぼ液体なので、ローラーやハケで塗っている間にどんどん、上から雨のような要領で降ってきます。あっという間に体じゅうがボンド。

 

IMG_1002

今回使ったシーラー。工務店さんが使っている、業務用のものを使わせていただきました。

 

IMG_1003

水性タイプの塗料で、においはきつくはありません。

 

IMG_1255

こちらは2階の部屋。シーラーを下塗りして1日乾かしたあとの図です。

 

IMG_1249

ろうか。まだまだ古屋の雰囲気のまんま、暗いイメージです。まあ電気も付いてないしな。暗くなると、塗装などの作業ができません・・・。

明るいうちにせっせと働いて、暗くなってきたらさっさと仕事を切り上げて帰る、これこそ人間本来の生活スタイルな気もするなあ。

 

いよいよペンキ塗り

1週間前にシーラーの下塗りをほぼ終えていたので、あとは白いペンキを2度塗りするだけ!のはずでしたが。。天井を塗り始めるのが遅かったからか、もうすでに壁を塗ってくれる左官やさんが入ってくれていました。ということで、壁をいじるときにジャマなマスカーは一旦全て撤去。

本来は天井が終わってから壁、床の順で工事を進めていけば汚れが最小限になりますが、もうすでに壁工事が始まっていたので、天井と壁と同時進行。ということで、ふたたびマスカーで養生をしてからのペンキ塗りでした。塗るよりも養生に時間と体力がいるのです。

 

IMG_0999

天井にはこちらの白い塗料を使いました。壁も漆喰で白なので、イメージ的には、白い壁や天井にこげ茶色の木の柱があるかんじ。床は無垢のフローリングですが、オイルステインか何かで色をつけようかなあ。

 

IMG_1001

業務用の白ペンキ。においがきついということは全くなく、マスクをしなくても塗装作業ができるくらい。ちなみにつや消しの白はホームセンターなどにはあんまり置いていないそう。テカテカの塗料はたくさんあるけど。

お風呂場の壁などに使う塗料の中にはつや消しのものがあるそうですが、お風呂場に合うような地味な色(青系、うす緑系など?)だけしか置いていないようです。好きな色でつや消しの塗料がほしいときには、業者さんに直接注文した方が良いとのことです。

 

マスカーをふたたび貼るのは時間がかかるしめんどくさいので・・・貼らなくても良くね?という甘い考えがよぎり、養生をしない状態で一回さらっと、ローラーで塗ってみました。

IMG_1281

養生をしないで塗ってみると、木の柱がもうベットリと、まっ白になりました・・・残念。ということで観念して、ふたたび丁寧に養生することに。まっ白になっちゃった柱はあとで、サンダーでこすっておけばキレイになるかな。。

養生しててもこれくらい、ベットリとペンキがついてしまいました。養生しないで塗るとかいう甘い考えはバカでした。途中でマスカーを使い切ってしまったので、ふつうの緑色の養生テープとゴミ袋を使って代用。テープの緑とビニールの半透明、色はまったく同じです!満足。

 

IMG_1278

茶色くて暗いイメージだったろうかの天井がまっ白に。

 

IMG_1273

ローラーで塗っただけではやっぱり角や隅のほうには塗り残しができてしまいます。細かいところはハケで、脚立に乗っかって丁寧に、一か所ずつ細かく塗っていきます。

 

IMG_1276

今回もステキな仲間がきてくれました!木目にそって、同じ方向に塗っていきます。この塗料は薄めずに原液のままの状態でぬりぬり。シーラーと比べるとだいぶ粘りが強く、雨のようにザーザー垂れてくるということもありませんが、それなりにボタボタ落ちてきて服や頭にペンキが付きます。上を見ながら真上を塗れば顔にもヒット!目に入らないようにだけは気をつけないといけません。髪の毛につくとぜんっぜん取れないらしい・・・みんな、帽子があってよかった。

 

IMG_1271

部屋の天井もしっかりと塗ります。木の板と板の間の溝も、面倒ですがハケでゴシゴシ。

 

IMG_1279

部屋の天井、シーラーで下塗り+白塗料で1度塗りしたあとの図。素人なのでムラだらけですがこれもまた手作り感があっていい!

 

IMG_1282

1度塗りだけだとやっぱり、塗り足りない感はあります。右が、1度塗りして1日置いたときの天井。アクが浮き出てきてしまってます。左は、その上から2度目のペンキ塗りをした天井。

2度塗りをしてもきっと、1日置けばまたアクが出てきてしまうとは思いますが、とりあえず1度塗りと2度塗りでは違いが一目瞭然。

 

IMG_1284

2度塗りまで完了した部屋です。

このあとまた、左官やさんが入るということで、壁工事のジャマになるマスカーは全てはがしました。ただ、その内側の天井と壁の境目に貼ったマスキングテープはまだ残してあります。塗装を終えてすぐ、マスカーをはがすのには全く問題ないですが、その内側のマスキングテープまではがしてしまうと、同時にせっかく塗ったペンキまでつられてはがれてしまうので気をつける必要があります。(一部はがして失敗済み)

まだまだ天井塗装はおわりません!次回また養生からがんばってやらないと。3月で今住んでいる家の賃貸契約が切れるので、もうそろそろこの家が住める状態にはなっていないといけないのですが・・・もうちょいかかるかな・・・。一緒に塗装などなどしてくれる人、募集してます!

肩凝るし体じゅうペンキだらけになるけど、それがまた貴重な経験なので楽しい^^

【冷凍保存食】正月に余った食材で「豚の塩麹炒め」レシピ

すぐに作れる冷凍保存食

塩麹炒め

  • 調理時間:15分
  • 1人前の材料費:150円程度
  • 保存期間:冷蔵4日、冷凍1ヶ月程度

 

【冷凍保存食】正月に余った食材で「豚の塩麹炒め」レシピ

材料(4人分)

*さらにたくさん作って長期保存する場合は、材料それぞれ2倍、3倍などしてください。 *今回は正月のおせち作りで余った野菜を使いましたが、他の野菜を使ってもOKです。

  • 豚肉切り落とし   400g
  • 金時ニンジン    1本
  • 大根        1/3本
  • ごま油       大さじ2
  • 塩こうじ      大さじ4

 

簡単レシピ

  1. 金時ニンジンと大根は、薄めの一口大に切る。
  2. フライパンにごま油を大さじ1(分量の半分)敷いて豚肉を入れ、軽く火を通す。
  3. 金時ニンジンと塩こうじを加え、炒める。
  4. 全体に火が通ったら大根を加え、さらに炒める。
  5. 火を止めてから、最後に残りのごま油(大さじ1)を加える。

 

*ポイントメモ*

お正月のおせちにはいろいろな旬の食材が使われますが、いちいち食材が余ってしまいがちです。今回は紅白なますを作るときに余った食材、大根と金時ニンジンを利用したメニューです。金時ニンジンはふつうのニンジンよりも甘みが強く色が濃いのが特徴です。食材の味を生かすために、味付けはシンプルに塩こうじのみ、ごま油で香りをつけました。塩こうじは、塩で味付けするよりも味に深みが出る上に加えすぎてもあまり辛くならないのでおすすめです。その上、肉をやわらかくする作用もあります。

冷凍保存するときには、食べやすいように小分けにしてからラップに包み、さらにジップロックなどの保存袋に入れて冷凍します。解凍するときには電子レンジで。

【野菜の保存】ほうれん草の栄養と保存方法

食材の栄養と保存

貧血や便秘解消に「ほうれん草」

ほうれん草

ほうれん草の栄養と旬

ほうれん草の旬は冬、12月〜1月の寒い時期です。鉄分が多く、貧血や便秘解消に有効ということで有名ですが、さらにその鉄分を吸収しやすくするビタミンCやガン予防に有効なβカロテン、葉酸も豊富に含まれている、女性にはとてもうれしい食材です。

 

ビタミンC
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
ビタミンK
  • 止血の活性化を促進する
  • 骨の形成と骨の健康を維持する
  • ヘモグロビンを生成する
  • 貧血を予防する
Βカロテン
  • 免疫を増強する
  • 心疾患、ガンのリスクを低減する
  • 老化を防止する
葉酸
  • 血液を作る
  • 胎児の正常な発育を促す
  • 脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患の予防をする

 

鉄分がとても多く、血を作るはたらきがあります。根の部分が赤くなっていますが、この根元の部分にはマンガンが多く含まれていて、骨を形成する役割を果たします。根元の部分には泥が付いているので切り落としてしまう人がほとんどですが、できるだけ泥を洗い流してからこの部分も食べるのがおすすめ。ほうれん草を買うときには、葉は濃い緑色、茎はあまり太くなりすぎていないもの、根元の赤みは強く太いものを選ぶと良いです。

 

ほうれん草の保存方法

常温保存

ほうれん草は冬場であれば常温でもある程度保存ができますが、ほうれん草にとっても適温は0℃なので、冷蔵庫が空いていれば冷蔵保存することをまずおすすめします。常温で置いておく場合には、水で濡らした新聞紙をほうれん草に巻き、さらにビニール袋に入れて冷暗所で保存します。葉が上向きになるように立てておくとより長持ちします。この状態で3〜4日ほどもちます。

干してから保存する方法もあります。ほうれんそうは残留農薬がとても多いので、水でよく洗ってください。洗ったほうれん草の水気をきり、みじん切りにしてからザルに広げます。この状態で3日間ほど干しておくと干しほうれん草が完成します。干しほうれん草は1ヶ月ほどもちます。

 

冷蔵保存

よく洗って水気をきってから、キッチンペーパーまたは新聞紙で全体を包みさらにそれをビニール袋に入れておきます。その状態で冷蔵庫に入れてください。また冷蔵庫の縦のスペースに余裕があれば、この状態で根を下、葉を上にして置いておくと長もちします。冷蔵保存では1週間ほどもちます。

 

冷凍保存

まず、ちょっとの塩を入れたお湯で固ゆでにしたら、冷水にさらして水気をよく絞ってきります。さらに4cm幅くらいに切り、小分けにしてラップで包んでから保存袋に入れて冷凍庫で保存します。この状態で1ヶ月ほどもちます。

 

干したほうれん草は、そのまま汁物や煮物の具にして食べるとおいしいです。また冷凍したほうれん草は、火を通す料理の場合には解凍せずにそのまんま使うことができます。お浸しなどにするときには、自然解凍をしてから使うのがおすすめです。

 

ほうれん草をつかった簡単保存食レシピ

〜もう少々お待ちください〜

【野菜の保存】ニラの栄養と保存方法

食材の栄養と保存

疲労回復と免疫力アップに「ニラ」

ニラ

ニラの栄養と旬

ニラの旬は秋〜春、11月〜3月頃です。野菜の値段が高騰する中、比較的いつでも安価で手に入るニラは栄養素がとても豊富です。ビタミン類が多く含まれ特にビタミンEやビタミンKが豊富で、生活習慣病予防やガンの予防に役立ちます。ニラ独特の香りは硫化アリルという成分で、ビタミンB群の吸収を助け疲労回復にとても効果的。

 

ビタミンE
  • 生活習慣病を予防する
  • 老化を防止する
ビタミンK
  • 止血の活性化を促進する
  • 骨の形成と骨の健康を維持する
Βカロテン
  • 免疫を増強する
  • 心疾患、ガンのリスクを低減する
葉酸
  • 血液を作る
  • 胎児の正常な発育を促す
  • 脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患の予防をする
モリブデン
  • 有害物質を体外へ排出する
  • 糖質や脂質の代謝を助ける
  • 体内で鉄の利用を高め、貧血を予防する

 

この他にも、疲労回復に有効なビタミンB1やエネルギー代謝を促進するビタミンB2などのビタミン類や、鉄分、カルシウムなどが多く含まれています。ニラは買ってきてからの痛みが早いですが、葉の先までピンと立っているものを選ぶようにしてください。茎の緑色は濃く、太めのものが良いです。

ニラの保存方法

常温保存

ニラは痛みやすく、買ってきてから2日程度で食べきることをおすすめします。常温でより長くもたせるためには、まず濡らした新聞紙で包んでからビニール袋に入れておきます。この状態でも常温では長持ちはしませんが、3〜4日ほどはもちます。その他漬物にして保存する方法や、干して保存する方法もあります。

しょうゆに漬けておいてからおかずとして使う方法もおすすめですが、少し塩を加えた油に漬けておくと、保存後いろいろな料理に使うことができます。この状態だと2週間ほどもちます。

干してから保存するには、洗ったニラを5cm幅くらいにカットしザルに並べて2〜3日干します。干したニラは、3週間ほどもちます。

 

冷蔵保存

ニラにとって適切な環境は0℃〜5℃といわれています。カットしていないニラは、まず水に10分ほど浸けてから水気をきります。それを新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、野菜室で保存してください。この状態で4〜5日ほど持ちます。

カットしたニラはタッパーなどの容器に入れ、そこに水をひたひたくらいまで入れて冷蔵庫で保存します。この水は1日おきくらいに取り替えるようにしてください。この状態で4〜5日ほどもちます。

 

冷凍保存

ニラを冷凍保存するときは生のままでもOKですが、さっとゆでてから保存すると長持ちします。4〜5cm幅に切ったニラをさっとゆがいてから冷まし、水気をきります。使いやすい量ずつ小分けにしたニラをラップに包んでから、保存袋に入れて冷凍庫で保存してください。冷凍保存した状態のニラは、1ヶ月ほどもちます。

 

ニラはとても痛みやすいので、買ってきてから1週間以上置いておく場合には、新鮮なうちに冷凍保存をしてしまうのがおすすめです。煮物や汁物に使う場合には解凍せずにそのまま調理することができます。お浸しや炒め物に使う場合には、自然解凍してから使うのがおすすめです。

 

ニラをつかった簡単保存食レシピ

秋の香パスタ

【冷凍保存食】余った食材で作る「秋の和風パスタ」

 

豚キムチ

【冷凍保存食】飽きたらアレンジ自在「豚キムチ」

【野菜の保存】水菜の栄養と保存方法

食材の栄養と保存

老化防止に「水菜」

水菜

水菜の栄養と旬

水菜の旬は秋〜春、11月〜3月頃と比較的長期間おいしく食べることができます。水菜は生のままサラダに入れて食べたり鍋に入れたり、万能に使うことができますが、ほとんどが水分で栄養は少ないと思われがちです。が、じつは水菜には栄養素がとても豊富に含まれていて、特に老化やガンを防止するβカロテンや美肌づくりには欠かせないビタミンCなどの含有量が多い野菜です。

 

ビタミンC
  • コラーゲンを生成し美肌に導く
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 動脈硬化や心疾患の予防をする
  • 風邪を予防する
Βカロテン
  • 免疫を増強する
  • 心疾患、ガンのリスクを低減する
  • ヘモグロビンを生成する
  • 貧血を予防する
葉酸
  • 血液を作る
  • 胎児の正常な発育を促す
  • 脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患の予防をする
モリブデン
  • 有害物質を体外へ排出する
  • 糖質や脂質の代謝を助ける
  • 体内で鉄の利用を高め、貧血を予防する

 

水菜はビタミンやミネラルがとても豊富で、この他にもビタミンEやビタミンK、カルシウムやカリウムなども多く含まれています。さらにカロリーが低いので、ダイエット食材としても注目されています。水菜をスーパーなどで買うときには、葉の先が緑色でピンとしているもの、茎はしっかりと白く曲がっていないものを選んでください。

水菜の保存方法

常温保存

水菜はとても痛みやすい野菜です。常温で保存する場合には、花を花瓶にさすような要領で、根の方を水の中につけておきます。この状態で3〜4日ほどもちます。根がない場合には常温保存はおすすめしません。

 

冷蔵保存

水菜を保存するときには、乾燥を防ぐことが大切です。水菜を、濡らした新聞紙で包み、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。冷蔵庫の中に縦のスペースがあれば、立てて保存するとより長持ちします。この状態で4〜5日ほどもちます。

 

冷凍保存

水菜を冷凍保存するときには、一度さっとゆでてから保存します。さっとゆでた水菜は水気をしっかりときってから適当な長さに切り分け、使いやすい量ずつ小分けにしてラップで包み保存袋に入れて冷凍庫に入れます。この状態で1ヶ月ほどもちます。

 

冷凍保存した水菜は、煮物や汁物に使う場合にはそのまんま、解凍せずに使うことができます。お浸しなどに使う場合、自然解凍した後そのまんまの状態で、しょうゆなどで味付けしてから食べることができます。

水菜は葉野菜の中で珍しくアクがない上に、魚や肉の臭みを消す効果があります。寒い時期にはいろいろな具材が入った鍋がおいしいですが、その中に水菜を入れるだけで魚や肉の臭みが消えるのでおすすめ。すぐに火が通ってしまうので、食べる直前に加えるのが良いです。

【鬼無】隠れ家パン屋さんのある、松盆栽日本一の町

瀬戸内・四国観光の穴場

【鬼無 勝賀山】隠れ家パン屋さんのある、松盆栽日本一の町

江戸時代からつづく盆栽の産地、鬼無

勝賀山

鬼無町(きなしちょう)は高松駅からJR予讃線で西に2駅、高松のベッドタウンになっているエリアです。山や田んぼ、畑が多く自然豊かで、とても静かな落ち着いた雰囲気のある地域。香川県はうどんが日本一ということで有名ですが、じつは松の盆栽生産量でも日本一、国内の盆栽生産量の約8割が香川県産となっています。そして香川県の中でも松盆栽の町として知られるのがここ、鬼無です。このエリアでは江戸時代からずっと、黒松の栽培がさかんに行われていたそうです。JR鬼無駅で降りるとすぐ、盆栽センターが目の前にあります。栽培されている様子も間近で見ることができるので、興味があればぜひ、足を運んでみてください。

 

五色台へ連なる、地域のシンボル”勝賀山”

勝賀山

出典

鬼無に行くと、そこで一番際立って見える山がありますが、これが勝賀山です。鬼無町の全域が高松平野の一部になっていますが、勝賀山はこの北西部に位置する標高364mの山です。昔、このエリアに”勝賀城”があったということなどから、勝賀山は地域のシンボル的な存在となっています。あまり整備されていませんが登山道も存在し、歩いて登ることができます。山道への入り口は多数あるので、勝賀山を見つけたらそちらの方向へ向かって歩いて行けば登ることができますよ。

勝賀山

勝賀山は、高松市と坂出市にまたがって存在する連峰、五色台へと連なっていて、高松平野がここで終了します。五色台は香川県の中央部から瀬戸内海にせり出した溶岩台地で、その大部分が瀬戸内海国立公園の一部になっています。五色台という名称は、この連峰に属する紅峰、青峰、黄峰、白峰、黒峰が由来となっているようです。また瀬戸内海を望む景勝地でもあり、国民休暇村などの宿泊施設が存在します。

 

みかん天国

勝賀山

山の斜面ではみかんの栽培が行われていて、春〜夏にかけては斜面一面がみかんだらけ、綺麗なオレンジ色になります。勝賀山へ登る道は多数あり、ときどき行き止まりになっている場所もありますが、それを見つけるのもまた楽しみのひとつです。

 

勝賀山

晴れの日が多く空気が綺麗で、日当たりも良いのでみかんの栽培には最適な場所。

 

勝賀山

広い道もあり、比較的登りやすいです。

 

勝賀山

ある程度登っていくと、町全体が見渡せる場所にたどり着きます。とても穏やかで気持ちがいいです!

 

勝賀山

 

細い道も。木漏れ日がさして、写真を撮るととても綺麗に写ります。

 

勝賀山

こちら側は山のふもとにも自然豊かな町が広がっていました。鬼無側や香西側など、登り始める場所によってもたどり着く場所が違うので、山の上から見下ろす景色も違います。お弁当を作って行って、山頂でピクニックをするのもおすすめ。

 

 

鬼無の隠れ家パン屋さん

鬼無駅の方面から勝賀山に登っているときに看板を発見するかもしれませんが・・・山の中でひっそりと営業されているおいしいパン屋さんがあります。勝賀山の方向に、鬼無駅からは徒歩30分、車だと約8分登ったところにある、”小麦堂”というパン屋さんです。

小麦堂

鬼無駅から見える、JA西部鬼無支店と尾路旭松園の間の道を通って行きます。ひたすら登って行くと途中、鬼無幼稚園や香川誠陵中学・高校があります。そして分岐点まで来ると、ここ小麦堂の場所を指し示す看板が出てくるはずなので、そちらに従って進んでください。車でのアクセスの場合、お店よりも手前に駐車場があり案内板もあるので、その駐車場(空き地のような所)に車を停めてから徒歩でお店まで行ってください。徒歩の場合、気候にもよりますが相当しんどいです。体力に自信のある方以外は、車でのアクセスをおすすめします。

 

小麦堂

駐車場を通り過ぎてからは、こんな細い道をひたすら登ります。山の斜面なので、眺めも最高!

 

小麦堂

そしてようやくたどり着いた店内には、国産小麦を使ったたくさんのパンが並んでいました。ナッツやフルーツを使ったパンが多く、値段はなかなかリーズナブル。

 

小麦堂

店内にある石窯を使ってパンを焼いています。お店は11:00〜開いていて日曜・月曜が定休。この日は12:00頃に行きましたが、人気の玄米食パンはもうありませんでした。こんなに分かりづらい場所にあるのに、口コミなどで広がったのでしょうか、かなり人気のパン屋さんになってしまったようです。

 

小麦堂

そしてこのパン屋さん、なんと全てがセルフサービスのお店。お店の中には、パンを入れるためのビニール袋と電卓、パンの代金を入れるためのカゴがおいてあります。

 

小麦堂

みなさんきちんと、電卓で計算した代金をこちらのカゴに入れてから帰ります。なんだか平和だな。都会では、こんなふうにお金が放置されている状態にはしないのが当たり前ですよね。店主がいるときには、店主が袋詰めや会計をしてくれます。

小麦堂、食べログはこちら

 

 

五代にわたり続く、老舗のうどん屋さん

鬼無エリアのうどん屋さんといえば、”ヨコクラうどん”。地元の人でないとなかなか通らない道沿いにある、大きな古民家の中にあるうどん屋さんです。古くからある老舗で、とても美味しいのですがガイドブックには載っていることが少ない、穴場うどんスポットです。

ヨコクラ

最近駐車場が広くなり、外観も綺麗になりました。

 

ヨコクラ

入り口から店内に入ると、まず一部屋目に、昔の家のような雰囲気のあるイートインスペースのような空間があります。

 

ヨコクラ

畳のスペースもありますが、使われているのでしょうか。とても広くて立派なお家のようです。

 

ヨコクラ

進んで行くと、ようやくお店の入り口にたどり着きました。ここから入ります。

 

ヨコクラ

店内はとても明るい雰囲気。木のテーブルがおしゃれです。

 

ヨコクラ

お店の一番のおすすめが、このしょうゆうどん。細めの麺がツルツルで、コシもあります。専用のしょうゆをかけて食べますが、うどんの下の方に柑橘系の果汁のようなものが入っているので、それとしょうゆとが合わさって、とてもさわやかな味になります。

 

ヨコクラ

たっぷりのネギと大根おろし、うずらの卵もとてもよく合います!

 

ヨコクラ

こちらは冬季限定のしっぽくうどん。香川県のうどん屋さんでは冬に期間限定で出しているお店が多いです。里芋やニンジン、大根などの具がたくさんのっていて栄養もまんてん。

 

ヨコクラ

ヨコクラうどんのしっぽくうどんはダシが甘めで、濃すぎず薄すぎず、汁まで全部飲み干せるほどおいしいです。細めの麺なのであまり重さも感じません。

 

ヨコクラ

お手洗いはこちら。入ってすぐの所にあるイートインスペースのような場所にあります。ヨコクラうどんは鬼無駅から徒歩15分。車だと3分ほどでアクセスできますが、道が狭くちょっと分かりづらい場所にあります。他のうどん屋さんと比べて営業時間が長く、8:00〜17:00で営業しています。定休日はありません。

ヨコクラうどん、食べログはこちら

 

 

 

鬼無へのアクセス

高松駅から電車でアクセス

JR鬼無駅はJR高松駅から西に2駅、電車で約8分ほどの場所にあります。

JRで2駅ととてもアクセスがしやすいように思えますが、鬼無に停車する電車は通勤時間帯で1時間に約3〜4本。それ以外の時間帯で1時間に約1〜2本。駅員室はあるのになぜか無人駅。事前に電車の時刻表を見てから行くことをおすすめします。

車または自転車でアクセス

高松市街地から、車であればすぐに行くことができます。高松駅からは約10分ほど。自転車であれば約30分。パン屋の”小麦堂”やうどん屋の”ヨコクラうどん”へ行くには、車が一番便利です。

勝賀山

穴場スポットがたくさん、自然豊かな鬼無エリアへぜひ。

ほねほねの家とはじめての天井塗装

リフォーム+DIY

ほねほねの家

ボロ物件を生まれ変わらせるリノベーション工事がどんどん進んでます。あらかじめ分かっていなかった腐食部分などもあって予定よりもちょっと遅れてはいますが、工務店さんの方でとても丁寧に進めてもらえています。

 

【高松で小さなシェアハウスプロジェクト】はじめます

”自由な共生”ができるシェアハウスを目指して

”【高松で小さなシェアハウスプロジェクト】リノベーション前の部屋公開

”古民家リノベでシェアハウスづくり

”リノベーション工事でどんどん解体

”ありんこハウスにありさん登場

 

家の外から

シェハウス

もとはこんなかんじの玄関でしたが、この部分は腐食がはげしかったので解体。

 

IMG_1266

そして、こうなりました。こんな壁内部の骨組み、見れるこの時期(?)はとても貴重です!玄関ドアの上にはひさしのようなものをつけますが、その前段階の状態。ひさしの中はこんな感じで木が組み立てられているんだなあ。

 

IMG_1261

ここは家の裏部分。ここの壁も腐っていたようで、新たな骨組みが。家の裏には洗濯機を置く予定ですが、それ用の配管も完了しています。ひさし用の骨組みもありました。地面に対して平行じゃなく、微妙に角度をつけて雨水が落下するようにしているんですね。壁にくっついている木の角度が90度じゃなく、木の表面がちょこっとだけ斜めにカットされているのがわかります。きっと細かい設計をしてから作ったんだろうなあ。

 

IMG_1260

ひさしを下から見るとこんな様子です。下からのぞくと、2階のベランダ部分がちょっと見えます。

 

IMG_1262

2階のベランダ。ここの屋根にも、新しい木が組んであります。

 

IMG_1264

外壁はかわいいピンク。というかくすんでハゲハゲのピンク。新しい外壁の色が決まりました。ありんこハウスだし、黒がいいなと思ってましたが・・・真っ黒よりかはちょっとグレーっぽい色か、他の何色か寄りの黒の方が馴染みやすいという話を聞いたので、ちょこっとだけ茶色寄りの黒にしました。こげ茶色よりは黒に近いような色です!お楽しみに。

ちなみに外壁塗装は最後(3月末くらい?)にやりますが、1階部分は自分たちで。2階部分は足場を組んでやったりと手間がかかる上に危険な作業なので工務店さんにお願いしています。外壁の表面にヒビが入っている部分が所々ありましたが、このとおり、すでにパテで埋めています。

 

IMG_1265

近くで見るとこんなかんじ。白く埋めてある部分には、もともとヒビが入ってしまってました。

 

家の中へ

シェアハウス

ここはシェアハウスの中でみんなが集まる場所。キッチンがある部屋ですが、もともとはこんなかんじでした。いちおう、キッチンカウンターもついています。ちっさい。

 

IMG_1258

今ではこのように無残な姿に。キッチンはトクラスというメーカーのおしゃれなシステムキッチンになります^^キッチンカウンターの向きも変えて、窓向きではなく右側の壁向きで設置する予定です。これは、キッチンカウンターに立ったときに前の壁が使えるようにしたいという理由からです。キッチンの前に窓があると、その場所に調理用具を掛けたり収納スペースを確保する、ということができなくなってしまうので・・・。

 

IMG_1268

ここは1階の個室です。床下収納つきの点検口をつけてもらいました。これでシロアリ対策もバッチリ。点検口の追加は、プラス1万円程度でできました。点検口はキッチンにもつけてもらいます。

 

IMG_1257

こちらは2階段を上がったところの踊り場部分です。2階に住む人たちが手軽に手などが洗えるようにということで、ここに小さな洗面台を設置する予定ですが、そのための配管がきちんとされていました^^

 

みんなで天井の下塗り

塗装をしていくとペンキでどんどん下が汚れていくので、塗装の順序は上から。天井→壁→床の順で進めます。壁は漆喰塗りの予定ですが、漆喰は自分で購入してやっても労力に見合うほどの節約はできないとのことで、工務店さんに任せてます。床は無垢のフローリングにしてもらう予定で、その上から塗装したりするのは自由。ただまずは天井です。

工事費用の節約という面ではもちろん、経験として、できるところは自分でやってみようということで天井の塗装を開始しました。

 

はじめての天井塗装

IMG_1215

まずは天井と壁の境目にそって養生。こちらは2階の部屋です。

 

IMG_1217

養生が済んだら、細かい角はハケで、広い部分はローラーで、シーラー(下地)を塗っていきます。

 

IMG_1219

ムラだらけ笑。ムラなく塗るのって相当難しいんだなあーと。

 

IMG_1255

これは翌日の同じ部屋。塗った段階ではムラだらけだったけど、乾けばもうそんなもん関係なし。キレイになりました〜^^

 

IMG_1245

廊下も同じように、シーラーを塗ります。

 

IMG_1249

廊下もムラだらけになったけどとりあえず、乾燥でごまかそう。

 

IMG_1247

こちらは1階の個室。床がだいぶ腐っていたので、床板が全部取り除かれています。こんな骨組みだけの状態で脚立を置けないので、とりあえず撤去してあった畳をゴミ置場から復帰させ、有効利用。畳って、意外と重いんだな。一人じゃ運べないくらい、畳1枚って重いのです。

塗っていく作業です。ペンキは2度塗り。色は壁と合わせて白にする予定です。

ひとりでやるよりもみんなでやった方が、作業がはやく進むのはもちろんですが、なにより楽しい。とりあえずシーラー塗りはほとんど完了したので、次回はペンキで塗っていく作業です。ペンキは2度塗り。色は壁と合わせて白にする予定。