ARINKO LOG

ARINKO LOG

瀬戸内の魅力に惹かれて田舎に移住した、うどん県ぼっち女子の日々

狭いスペースに、自作つっぱり棚

みんなで作ったシェアハウス

 

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

たくさんの人たちに助けられ、高松市内にみんなでつくった小さなシェアハウス、シェア開始しました。3人で使う一軒家、みんなが居心地よく住むために日々、試行錯誤中です。

ちなみに小さな畑もつくりました。ミニトマトときゅうりが生長中。うまく育つといいな。シェアハウスの畑については、また後日紹介します^^

 

省スペース棚

今回DIYする場所はこちら、洗面スペース。(これはリノベーション工事中に撮影したものなので、て手前に木材が立てかけられてますが。)小さなスペースの中に、使い勝手の良い洗面化粧台を設置してもらいました。が、写真右にあるシャワースペースとの間にほんのちょっと(幅12cmくらい)の隙間があります・・・。

3人でシェアする洗面スペースなので、みんなが私物を置けた方がいい。できるだけたくさんの収納棚がほしいですが・・・12cm幅にフィットする棚は、巨大ホームセンターなどどこのお店を探しても見つからないし、突っ張り棒もこんなに短いものは存在しない・・・。ちなみに突っ張り棒は、最短16cmくらいのものは見つかりました。さらに、細長いスペースに置くための収納(トイレ用ですが)についても16cm幅くらいのものは売られていました。どっちもおしい!14cmだとギリギリ足りない。

ということで、自作しました!

 

既製品に頼らない、つっぱり棚の作り方

まずは木材の調達、なんでも良いんですが、今回はホワイトウッドという安くてやわらかく、わたしのようなDIY初心者にも加工しやすい木を選びました。

ホワイトウッドを、ブラックアンドデッカーの丸ノコでカット。スッと切れました!

ポイントは、棚を作りたいスペースの幅よりもちょっと長めにカットすること。短くカットしすぎてしまったらやり直し。ちょっと長めにカットしておけば、あとでヤスリをかけることでどうにでもなります。

ブラックアンドデッカー、便利ツールです。

バッテリーが2つついているのでこれもお得でした。かなり重宝してます。

 

ホワイトウッドをカットして、狭いスペースにはまるか、はまりきらないかくらいの幅にしたら、次はこんなものを使います。

これ、ホームセンターで売ってましたが・・・椅子やテーブルの足の裏などに貼り付けることで、フローリングが傷つくのを防ぐためのアイテムです。正式名称は忘れましたが、フェルトの片面に接着剤がついているもの。フェルトはできるだけ、分厚めのものをおすすめします。なぜかというと、突っ張り棒のつっぱり部分のような役割をするので、柔らかい部分が分厚い方がつっぱりやすくなるから。

 

もともとカットされているものもありますが、今回は傷防止のために使うんじゃないので、好きな大きさに切れる大きな1枚タイプ。家のインテリアに合うカラーが多いので、これも使いやすくてうれしいです^^

 

カットしたホワイトウッドの両側面に、こんなふうに貼り付けます。まず片方を貼り付けてみてから、もう片方の側面をヤスリで削っていき幅を調整すると良いです。

 

まず一段。撮影したら、写り込んでしまいました・・・。主役は、右側にある小さな棚です!

壁面をかなり押して、無理してはめこんだ方が、はずれにくくなります。あたりまえですが。

 

おんなじ要領で、3段作りました^^3人分。

 

こんなふうに、ちょっとしたものしか置けないけど、あると便利な小さな棚。崩壊しませんように・・・。

 

いろいろDIY

シェアハウスの中で自作したものを公開してます。

 

 

 

いろいろDIY

 

コスパばつぐんの自作シェルフ

みんなで作ったシェアハウス

 

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

DIYなんてやったことない、方法も知らなければ道具も全く持ってない、という状況だった3〜4ヶ月ほど前。シェアハウスの天井塗装からはじまり、今ではDIYが趣味になるほどいろんなものを作れるようになりました。

と言っても性格は引くほどザツ。職人肌なんてもんではないので、設計などは全くしません。とりあえず木材やDIY用具ををひととおり用意してみて、切ったりくっつけたり。必要になったときにやっと計測、失敗したらしたでイメージを変更。そんな要領でゆるゆると作ってます。

高松市内につくった小さな女性限定シェアハウス(ALINCO house)、おかげさまで6月から半年間、満室となりました

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

DIYシェルフ

今回はシェアハウスの中に、2種類の棚を作ってみました。作り方はどちらも同じ、単純な仕組みになってます。

 

ろうかに自作ギャラリー

シェアハウスの中でもここ、ろうかの壁面はみんなが通って見る場所なのに、まっしろで有効活用できていません。そこで、この壁面にギャラリーを作ってみました!

 

使った木材は、自作ポストと宅配ボックスこたつDIYでも使ったOSBボード。

軽くて安くて、コスパばつぐんです。このOSBボードを家の内装に取り入れる場合には、ちょっとだけじゃなく、できるだけたくさんの場所に使うことがポイント。ちょっとだけ使うと、かえって悪目立ちしてしまうようです。

 

ブラックアンドデッカーの丸ノコヘッドをつかって、ちょうど良い幅、長さにカットします。

丸ノコ、サンダー、インパクトドライバーはもう使いこなせるようになりました^^

 

端材ですが・・・

 

棚板を支えるために、端材をつかって厚みをもたせたOSBボードをつくりました。まずこれを壁面にわたし、柱に釘でくっつけます。

今回は全てのパーツをOSBボードでつくりましたが、この棚板の支えは、もっと厚みのある木材(しならないもの)を使ったほうが、棚板が安定するんだろうなと。

 

ホームセンターで手に入れたアームを、両サイドの柱にくっつけます。

壁が漆喰塗り(もとは砂壁)で釘をさすことができないので、今回は木でできた柱にくっつけました。

 

つや消し白のアーム、シンプルでなかなかいいです。

両サイドをアームで強化。この上に、いよいよ棚板をのせます。

 

斜め下から見ると、こんなかんじ。

 

瀬戸内観光のガイドブックを飾って・・・みんなで共有できるギャラリーになりました!

 

なんにもなかった廊下が、なんだかにぎやかに^^ゲストハウスっぽくなりました。

柱から柱、さらに柱から柱と、2連のシェルフをつくってみました!ちょっとしなってますが。

 

シェアメンバーみんなで、シェアしたいものをたくさん並べていけるといいな。

 

無線LANルーター置き場

同じ要領で洗面所上の柱を利用して、ここにもつくってみました!こちらもOSBボード。

ここには横向きに柱がわたされているので、棚板を支えるための木材は必要ありませんでした。

 

斜め上から見ると、こんなかんじ。

インターネット回線の工事も完了したので、ここにルーターを設置する予定^^ここにルーターを置けば、リビングに置いてジャマになることもないし、2階の部屋からでも繋がりやすくなるはず!

 

いろいろDIY

シェルフ以外にも、シェアハウスの中で自作したものを公開してます。まだまだ駆け出しですが、これからいろいろな家具を作っていきたいな。

ついこの間までDIY経験ゼロの初心者でしたが、今ではいろんなものを作ってます。

DIYをはじめようかと思ってる人、ぜひ挑戦してほしいです!

 

もうそろそろシェア開始?

ALINCO house満室!

 

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

みんなでつくった小さなシェアハウス

高松市内の古屋をリノベーションしてつくった小さな女性限定シェアハウス(ALINCO house)、おかげさまで、満室となりました!  

まだもうちょっとの間、内覧だけはできます。内覧については気軽にご相談ください。

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

内覧

自作フライヤー

内覧をしてもらうにあたって、フライヤーを作成しました。

 

家の写真は綺麗に撮れましたが、なんだかちょっとうさんくさい?

価格設定は難しかったです。共益費は、家電の使用や一部の日用品、調味料も込み、ネット込みで5000円と、赤字になるような気しかしませんが。まあやってみないとわからないので、考えてもしかたない。

 

こちらはデザイン会社さんにつくってもらった図面を利用した、シェアハウスのつくりを図示したもの。汚い字で、がんばって手書きしました。

 

おしゃれな表札!

今までは、黒い外壁に無垢材のドアのみ。こんなかんじのシンプルな玄関でした。

 

デザイン会社さんに、端材を利用したこんなオシャレな表札をつくってもらいました!

3つついている金具は、入居者の名前の札を入れるためのもの。まだ入れてませんが。入居者が変わってもすぐに札を入れ替えられるようにと、こんな形にしました。

ちなみに立てかけてある木材は、棚をつくったときに使ったものです。部屋の中にあるとジャマなので、こんなところに立てかけてあるだけ。ろうかに棚(ギャラリー)をつくりました。それはまた今度の記事で。

 

ALINCO houseの文字を彫って、窪みにつや消し白ペンキを流し入れたそう。白ペンキは、室内の天井などを塗装したときのものと同じかな。「ありんこ」なのにとってもオシャレで、気に入ってます^^

大ざっぱな棚塗装のアイデア

無計画のらくちんDIY

もともとある安物の家具にちょっと手を加えてみたり、家具を改造してみたり。シェアハウスでの生活は、気まぐれに、思いのままに、楽しんでます。

DIYスペースと用具をそろえて、必要だなと思ったものをささっと作れるようになったのはうれしい^^ま、設計すらせずその場その場で長さをはかる、足りないものがあったらその場で買いに行くという雑さ適当さですが。これじゃないと楽しくはできません。  

高松市内につくった小さな女性限定シェアハウス、内覧まだもうちょっとの間、受け付けてます!

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

ニトリの棚塗装

塗装は、DIYの中でも基本となるようで、汎用性も高い。やり方を一通り知っておくと、簡単にいろいろな家具が自分好みの色に変えられます^^

 

こちらのシンプルな本棚。ニトリで買ってきて使ってたものですが、ありふれたような感じでオシャレでもなんでもありません・・・。

今回はこの棚と塗料、ハケ、紙やすりを使いました。

 

塗料は、こちらの記事(DIYでポストと宅配ボックス)でも出てきた、ミルクペイント。

ミルクペイントは、体についても害のない、赤ちゃんの遊具などをDIYするときにもよくつかわれているという体にやさしい塗料。室内用の家具にはとてもおすすめで、においも全くないです。

 

塗料を塗る前に、まずは表面にキズをつけて、塗料がのりやすくします。紙やすりで、ゴシゴシ。これをやるのとやらないのとでは、だいぶ色ののり方が違いました!

 

植物にもよく合う、家のデザインを邪魔しないような色、緑を選びました。ミルクペイントの緑色塗料の中にも、数種類あったのでお好みで。今回は、グリーンアーミーという色をつかってます。

グリーンのある部屋は落ち着きます^^

 

ハケは1方向に動かします。あまり何度もこすりすぎないように。

ミルクペイント、ちょっと粘性があるので水みたいにボタボタ垂れるということもありません。

 

そして、緑色一色だけではなんだかつまらないなと思ったので、こちらも。

ピスタチオグリーン。薄めの緑色です。

 

グリーンアーミーで全体を塗った後、一旦乾燥させます。

それからピスタチオグリーンを、ハケでざっと!適当に。

何にも考えずに(正直、この日は日が暮れてきて色がはっきり見えなくなってた)ざっと塗りましたが、我ながらけっこう良い感じのデザインになりました!世界でひとつだけの本棚。

 

いろんなものを好きな色にしてみるのは面白いですよ。ミルクペイントはにおいもしなければ化学物質もなく体にやさしい。手軽に塗装ができるのでぜひ!

 

こたつDIYでこたつ

広くはないリビングのための家具

 

高松市内につくった小さな女性限定シェアハウス、内覧受け付けは継続してますが、すでに2名募集のところ入居希望者2名!(入居決定と契約はまだですが)ありがとうございます^^楽しくて刺激のある生活がはじまるといいな。

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

こたつDIY

小さなシェアハウス、リビングは広くはありません。でも、みんなでわいわい使えるローテーブルがあったらいいなー、できればこたつがいいなあーと。

 

こちらは、もらいもののこたつ。もともと使ってたものですが、天板は合板。あんまりオシャレとは言えないし、ちょっと大きすぎます。ただ、こたつとしての機能はバツグン、冬はとてもあたたかいです。ということで、こちらのこたつをDIYして、シェアハウスにもぴったりなこたつを自分でつくることにしました^^

流れとしては、こたつのサイズ変更をするためにまずは天板を支える骨組みを切ってくっつけたあと、天板の作成です。まずはテーブルの足を取って、天板も取って、解体。

 

シェアハウスのリビングに置けるサイズに骨組みをつくりかえました!

そして今回使う天板はこちらのOSBボード。シェアハウスのポストと宅配ボックスをつくるときにも使った素材です。(DIYでポストと宅配ボックス

今回もブラックアンドデッカーのツールがフル稼働でした。こたつの骨組みサイズ変更は、丸ノコヘッドで。

とっても便利で、初心者にも使いやすい。丸ノコは厚さ2cmくらいまでは切れますが、それ以上の厚さの木材を切るときには、切る面を回転させていき、数回に分けて切る必要があります。

 

 

骨組みのサイズに合わせて、天板として使うOSBボードをカットします。

 

まずはさしがねを使って、サイズに合わせて印をつけていきます。木材を数枚並べて作る天板でも良いかなと思いましたが、やっぱりテーブルは一枚板がいいな。でも一枚板を探すと、とんでもない値段のものがゴロゴロ。安くて加工しやすいOSBボードで十分でした。

 

そして、ブラックアンドデッカーの丸ノコでカット。薄いのでカンタンに切れました。

 

OSBボードを切ったあとは、ふつうの木材よりもたくさんのトゲトゲが出てしまいます。今度はブラックアンドデッカーのヘッド部分だけを、丸ノコからサンダーに付け替えて、ゴシゴシ。

 

サンダーも、目が粗いものから細かいものまで付け替えることができるので便利!

 

みんなで使うローテーブルにするので、表面にはニスを塗ってなるべく平らにします。透明のニスだけだとテカテカしてしまうので、クリアータイプのつやつやしたニスの上から、つや消しタイプのニスを重ね塗りしました!

 

まずはこちらの透明クリヤータイプのニスを2度塗り。

 

 

続いて、つや消しタイプのニスを2度塗り。

透明クリヤータイプのニスを塗らずに、初めっからつや消しタイプのニスを塗ってしまうと、木の内部に染み込んで吸収されてしまうよう。透明クリヤータイプで表面を固めてから、つや消しタイプを塗ったほうが良いんだそう。OSBボードに限ってはどうだったかわかりませんが。

 

木材の表面に塗るときは、大きめのローラーで塗らないといけないかもしれません。こんな風にハケで塗ってしまうと、ハケの跡がくっきり残ってしまいそう。OSBボードはもともと表面がぐちゃぐちゃ(良い意味で)だからOK。

そしてこちらが、こたつDIYで完成したこたつ。

手作り感があっていいです^^天板の裏には、余ったOSBボードのかけらをいくつか貼り付けて、天板がずれるのを防いでいます。

 

DIYでポストと宅配ボックス

DIY家具づくり

 

高松にあるちいさなシェアハウス、古民家リノベーションがほぼ完了して、あとは必要な家具などをつくるだけ。

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

手作りポストと宅配ボックス

こちらの記事に出てきた手作りポスト、ニスを塗って完成したので、完成までの作業を振り返ってみます^^こちらのポストと一緒に、宅配ボックスも作ってみました。まだ印鑑を作ってないし使い方についても明記できていないので、カンペキにできあがりというわけではないけど、とりあえず形だけはできました。

 

使ったのはOSBボード。細かいサイズは忘れたけど、大きな一枚板が1000円程度ととても安い。そして軽い!切りやすく加工しやすいです。

 

宅配ボックスやポストに合う大きさに板をカットしていきます。

 

 

使ったのは、ブラックアンドデッカーの丸ノコ。ヘッド部分を付け替えるだけでDIYに必要な工具の役割をひととおりこなしてくれるので、とっても便利です。これだけあれば、少なくともDIY初心者のわたしには十分事足ります。

 

ポストらしい形になってきたよ。

 

インパクトドライバーでちょうつがいを付けて、フタが開くように。

 

OSBボードだけでもいいかなとも思ったんですが、もっとポストらしくするために、塗装します。まずはマスキングテープで丁寧に養生。

 

ミルクペイントという、体についても害のない、赤ちゃんの遊具などをDIYするときにもよくつかわれているという塗料を使いました。においも全くないです。ポストなのでまずは赤。さらに、ミルクペイントのアンティークメディウムという、ちょっとアンティーク風な見かけにしてくれる塗料もつかいました。

 

思ったより真っ赤!!

 

ポストの内側だけは、OSBボードの色そのまんまを残しておきました。まわりは全面真っ赤なミルクペイント。

 

赤い塗料が乾いたら、次はアンティークメディウム。雑な性格がここでも出てしまい・・・赤い塗料を入れていたパレットをそのまんま使いアンティークメディウムの塗料をドボドボ。もちろんハケも洗わず再利用。

 

赤い塗料の上からアンティークメディウムをハケでかするように塗り、塗った場所を布でこする。真っ赤なポストよりかは、ちょっとアンティーク風になっていい感じ。さらに細く余ったOSB材で郵便マークを作成してペタッと貼りました^^

 

 

赤いミルクペイントはこれ。

 

 

アンティーク風な見かけにするのはこれ。ポストに限らず、いろいろ使い道はありそう。

 

同じ要領で、宅配ボックス(になるはずの大きな箱)。

 

こちらにはカギをつけたよ。

宅配ボックスは、使い方を書いて貼っとかなきゃならないですが・・・。

  1. カギの空いた箱に荷物を入れる。
  2. 受け取りのサインが必要なら、箱の中にある印鑑で捺印。
  3. 印鑑を箱の中に戻したら、カギをしめて番号をまわす。

という使い方にするつもりです。宅配ボックスはネットでもいろいろ売っていますが、相場は数万円〜とお高いので、自作しようと思いいろいろ使い方を考えました。この使い方が一番シンプルで良いのかな。ちなみに印鑑は、いつも使っているような名字の入った印鑑だと悪用されるおそれもあるので、「名字」じゃなく「確認名字」など?ちょっと違うけどサインの代わりになるようなものをネット注文などで作ると良いです。

ま、まだ宅配ボックスは使ってませんが。

 

そして、このポストと宅配ボックス、自作したはいいけど、OSBボードなので外で雨風にさらされるとすぐにダメになってしまいます。屋外用のニスを塗ろうかと、工務店さんに相談しました。すると、ホームセンターで売っているような屋外用のニスなどは、油性のものでも、そのうち日光に当たりパリパリとはがれてしまうよう。

 

 

工務店さんにおすすめされたのが、キシラデコールの油性ニス。

ウッドデッキやガーデニングなどにとても良いそう。ただ最小でも4リットル缶からしかなくて、今回は塗る面積が小さいのでとりあえずホームセンターで購入したニスを使用。

 

長持ちは期待できないけど、とりあえずはいっか。

そして宅配ボックスの上面だけについては、家の外壁と同じ色の塗料が余っていたのでそれを利用。これで、ニスよりかは長持ちするかな。

 

ちなみに外壁の色はこんなかんじになりました!

 

写真だとわかりづらいですが、リシンという砂などの粉が混ざった塗料なので、表面が程よい具合にザラザラしてます。真っ黒よりもいい感じ。

 

シェアハウス

ちなみにリノベーション前はこんなかんじでしたよ。

 

 

シェハウス

ここからは想像つかないくらいキレイになってます!たいしたもんだ。

家の中のようすはこちらの記事をみてね。→ちいさなシェアハウス完成!?

ちいさなシェアハウス完成!?

入居開始!

 

久しぶりの更新になってしまいましたが、小さなシェアハウス、いよいよ完成です! 今までの過程を記事にしてますので、よかったらこちらもご覧ください^^

 

ちいさなシェアハウスをつくるプロジェクト

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

リノベーション前のボロ物件

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

どんどん進むリノベーション工事

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

arinkolog.hatenablog.com

 

DIY好きあつまれ

リノベーション工事がほぼ完了し、あとは必要なものをつくったり揃えたりするだけ。ちなみに、ほしいなと思う家具は買うのもいいけど、入居メンバーでDIYして作るのも計画してます!

 

こちらはみんなが集まるスペース。無垢材のフローリングがとても気持ちいい。こたつをDIYして、サイズ変更、天板も変更してみました。ちなみにテレビ台もDIY。テレビ台は、DIY初挑戦でつくったデビュー品です。高さを合わせて切るのが雑すぎてガタガタするけど、まあいっか。引くほど雑な性格です。

 

ポストがなかったので、これもつくりました。こたつの天板で使ったOSB材の余りを有効利用。安いけど加工しやすいし、なんだか味があって気に入りました^^郵便マーク(〒)も余りのOSB材で作ってくっ付けましたが、雨でボンドが落ちて全滅。グルーガンを買って再び接着。今度は落ちないといいなあ・・・。ここに、さらにニスを塗って壊れにくくする予定です。

 

 

DIY初心者ですが、これから棚などいろいろ作ってみたいな。

 

 

家の中のようす公開

今回は家の中の様子、まずは階にある2部屋です。

 

個室1つめ

まずはリノベーション前のようす・・・

シェアハウス

 

シェアハウス

2階にある個室1つめです。もともとはこんな感じ。6畳+大きな押入れと広めですが、古い家具だらけ。

リノベーション工事後の現在、この部屋は

 

こんな風になりました!畳はすべて無垢の赤松パイン材フローリングに。天井はつや消し白のペンキで、壁は漆喰塗りです。

 

窓ガラスは、模様がいい感じ(今ではこういうガラスはなかなか手に入らないそう)なのでそのまんま。

 

押入れは残しておきました。収納スペースとして利用してももちろんOK、ベッドスペースとして利用したり作業机として利用したり・・・住む人の自由です。この部屋の押入れは3段あって幅も広いので、使い方は無限大!

 

女子限定シェアハウスでいちばんのストレスになるのが、洗面所占領問題。そこで各部屋に、ちょっとオシャレだけどシンプルな化粧スペースを用意しました。

 

部屋の入り口はスライドドアで、鍵付きです。ドアも無垢材。

 

照明もオシャレなものに。変えてもOKですが。ちなみに照明のデザインは各部屋でバラバラ。どれもとっても綺麗です。

 

個室2つめ

こちらもまずはリノベーション前の部屋のようす・・・

シェアハウス

 

シェアハウス

昔はお金かけて作ったんだろうなーという感じ。

リノベーション工事後は・・・

 

こちらの部屋も同様、窓ガラスはそのままに。床は無垢の赤松パイン材フローリング。

 

こちらの部屋の窓ガラスは、よく見るとこんな模様です。

 

押入れと床の間のようなスペースは解体して、ベッドスペースに。こちらは押入れ(収納)がなくなってしまったので無垢材のベッドつき。

 

無垢材の床に無垢材のベッド。

 

こちらも化粧スペースあり。

 

こちらの部屋の照明です。天井の化粧板がなんだかオシャレ。

 

 

 

共用の部屋と設備

共有スペースについては、前回の記事(ボロの空き家がオシャレ空間に!)もみてね。

 

シェアハウス

まずはキッチン。リノベーション前はこんなようす。使えそうではあるけど、汚いし使い勝手は悪そう。

 

トクラスさんのキッチンを入れました。

 

料理好きにとっても使い勝手が良いです!

 

IMG_1497

やっぱりお気に入りは人造大理石のカウンターと流し。アクセントカラーになってます!

 

キッチンカウンターの他に作業台があるので、複数人でも料理しやすい。こちらのカウンターは、デザイン会社さんオリジナルです。

 

IMG_1491

工事中の写真ですが・・・1階の洗面所。

 

IMG_1494

こちらも工事中の写真ですが、シャワールーム。

 

IMG_1493

お気に入りはタイルにつや消し白のペンキで塗装したこちらの壁。塗装だけなのにとってもオシャレです。

 

ちなみに洗面所とシャワールーム、もともとはこんなかんじのお風呂場でした。

 

トイレも、無垢フローリングです。タオルハンガーとペーパーホルダーも、オシャレに作ってもらいました。

 

もともとはこういう和式トイレでした。

 

リノベーション前。階段をのぼると小さな窓がありますが、この窓下のスペースに・・・

 

小さな洗面スペースができました。

 

個室にはそれぞれカギがついてますが、家に入るドアはメカニカルテンキーになっています。ドアは無垢材。汚れないか心配でしたが、使っていくうちにちょっとずつ雨風にさらされて汚れていくのがかえって良いそう。

 

内覧開始?

基本的にはつや消しの白い天井に漆喰の壁。

 

そして無垢のフローリングです。

手作り感満載の小さなシェアハウス。これからも手作りはつづきます^^